--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/08/09

友人の入院

世間ではお盆ですね
そんなことも忘れるぐらい気の重いこの頃でした
何から書けばいいかな

ちょっと長くなりますが・・・


友人Yさんが、先月脳内出血で緊急入院しました。
結果から先にいえば、重症ではなかったこと、そして元気な姿を今日確認することができたので、ここに書く気になりましたが、倒れてから今日まで、うつろな気分で集中力もなく、私には毎日が長かったです。

じつはその前夜「ビールでもどう?」と電話があって、うちの近所の居酒屋でYさんと会っていました。翌朝救急車で運ばれたということですから、元気な姿を最後に見たのは私だったのでしょう。
あとで思えば前夜のYさんは全く元気とは言えませんでした。思い当たることばかりでした。
会った時からなんだかひどく疲れてる感じで、本人も「頭が痛い。すごくしんどい。なんでやろ?」と言ってました。
意味の通じない話(私の知らない人の話)をしたりしておかしかったんですが、いつものような冗談も言うし、疲れたうえに酔っているのかな、その時はその程度に思いました。ただ、彼は酒豪で誰よりもお酒が滅法強い、飲むと多少陽気になるぐらいで、酔っぱらった姿なんてこれまで一度も見たことがありませんでした。それにお酒の匂いがしない。なんというか、違和感はありました。
「こんな時間までどこで遊んでたの?」の返事が「麻雀」だったので、なーんだ麻雀しながら長時間ちびちびと飲んだせいだな、と理解してしまったのです。

でもどう見ても調子悪そうで、ビールも減らないし会話も弾まないので、「しんどいのに誘わんといてよ。早く帰って寝れば?ヨレヨレになるまで遊んだりしてアホちゃう」って言うと、「アホな男もかわいいもんやで」などと言うので「アホらしい。かわいくないわ。さ、帰るよ~」とアホを連発しながら店を出たのですが、そこから先がさらに変でした。
彼が「車は隣のパーキングに置いて帰る」と言うのです。通勤に車を使ってるのは知ってるけど、飲んだら絶対に運転しない人なので、ちょっと驚きつつ、おかしなことを言うなあと思いました。
ふと隣のパーキングを見ると車なんて置いてない。私が聞き間違ったのか?・・・不思議でした。
私がタクシーを停めようとしたら「歩いて帰る。歩きたい」と言い、でも徒歩だと結構な距離だし蒸し暑かったので、さすがに心配になってちょっと揉めましたが、勝手にスタスタ歩きだすし、私とは反対方向なので、妙に気になりながら、角を曲がって後姿が見えなくなるまで見送りました。
説明の出来ない違和感がブワッと膨らみましたが、明日電話すればいいかなと思ったのでした。
その時のことを、私は後々激しく後悔することになるのですが・・・

翌日の正午頃、共通の友人Fさんからの電話でYさんの入院を知りました。
Yさんと同じマンションにFさんの知人Kさんが住んでいて、そちらから連絡があったとのこと。
それで、Fさんがあちらこちらの心当たりに問い合わせて、現時点で分かっていること、命に別状はないけど詳しい様子は不明だと知らせてくれました。もう、言葉もありませんでした。
前夜Yさんと会っていたと、そのときのことを説明して絶句。
えらいことをしてしまった・・・
頭が痛い、しんどい、と言ってたのに。様子がおかしいのが分かってたのに、どうして気付いてあげられなかったのか、私はアホか、と。
申し訳ない気持ちでいっぱいになり、すぐにでも行きたかったけど、聞けば当分はICUと言うし、身内でもない人間は面会も出来ません。

ちなみに私とYさんとは遊び友だちです。あと2人(Fさん・Oさん)の4人で飲んだり食べたり仲良くしてもらってて、なんというか、色気のないグループ交際のような間柄です。4人とも独身(離婚歴があったり未亡人だったりする)です。いい年齢の大人(初老というべきか?)になったけど一人じゃ寂しい、だけど結婚はもういらんし恋人は面倒くさい、というのが本音というところでしょうか。前の週に4人でこの冬の旅行を計画したばかりでした。

入院から数日経ってからようやく気付いたこと、Yさんってバツ2で現在一人暮らしなので「入院中のお世話するお身内はおるん?いま彼女いてはるん?」とFさんにきいてみました。
しょっちゅうつるんで遊んでいても、そういうことは知らないし、私だって自分の恋愛については話さないから知らないことは多いです。
Fさんによれば、彼女はいないけど、今は2人の前妻とそれぞれの子どもたちが面会に来てる、と。
あー、そうか、こういう時には別れた元嫁が来るのか。
それにしても元嫁が2人って・・・、
それはそれでなかなかシュールな光景を想像してしまった(汗)
とにかく私やFさん、友人の立場で出来ることは何もなく、遠回りな情報を待つ日が続きました。
私は気付いてあげられなかった責任を感じていたし、容態が気になってボンヤリする時間が多かったです。頭の中が一杯で時々「ああ!!」と呟いてしまったり、後悔するばかりでした。

Fさんが「歩いてトイレに行けてるらしい」の情報を仕入れてきたので、ダメ元で病院に電話、「身内ではありませんが面会可能かどうか。できれば本人にこちらの名前を伝えていただきたい」と伝えてしばらく待つと、病棟と本人の許可を得たので時間限定で面会可能と。すぐにFさんと行きました。

実際に面会するまで、私は悪い想像ばかりしてました。じつは去年やはり脳内出血で倒れた同世代の人がいて、意識はしっかりしてるのに言葉が出ず全身動かず寝たきりになったのを知ってるので、マイナーなことばかり考えてしまっていたのです。
でもYさん、「いったいどこが悪いの?」というぐらい元気でした。もちろん悪いからICUなんですが、見た目はいつものYさんです。張りつめていた気持ちが脱力してヘナヘナになりそうでした。
歩く足元、指先、言葉、つい注意深く見てしまうのですが、素人目にはまったく異常がないように見えました。脳内出血といっても症状はいろいろなんですね。とにかく良かったです。安心できました。
それでもICUを出たあと3週間ほど要入院だそうです。
「もう煙草はやめる」とか「でも酒はやめないぞ」とか「病院食が不味い」とか、仕事の心配、草野球の試合に出られないことを悔しがったり・・・本人はまことにのどかでした。ま、いいか。

無事を確認したらこちらもいつもの毒舌で「連絡したい女子がいるなら伝えたげるよ」と小指を立てたら、「携帯を無くしたかも。もう連絡できない、どうしよう」としょぼくれてました。あんなに心配して損した気分になりましたが、今は病人さんなので優しくなぐさめといてあげました。

それでも、いろんな人の話を聞いて分かったことがいくつかありました。
とりあえず、前夜私に会ったことは全く憶えてませんでした。
私を呼び出したことも、居酒屋での様子も、どんな話をしたのかも全く憶えてないのです。
あの日、麻雀してたというのも間違いで、実際に麻雀したのはそれより数日前のことでした。すでに記憶が混乱していたのでしょうね。
私が気になっていたのは車のことですが、自宅マンション近くの路上に放置してあったのを後日誰かが見つけてくれたそうです。最初から乗ってこなかったんですね。
「それならどうやって来たの?」には、「わからん」そうです。

結局こういうことです。
仕事後、バッティングセンターに寄り道した、それは憶えている。
バッティングセンターで境のフェンスに体がぶつかって、自分でもどうしたんだろう変だなと思ったらしい。
車で帰宅。マンション駐車場に停めず路上に放置。(徐々に行動が怪しくなっている)
10時頃電話あり、私と居酒屋で待ち合わす(このあたりは憶えていない)
記憶がないのに、よく来たなあ~と驚きますが。
11時頃、帰るYさんを見送る。
翌朝同じマンションのKさんが救急車を呼んで病院へ同行。
そのとき本人の意識はあって「救急車乗らない」とごねたそうだけど、記憶してないらしい。
なぜ不調をKさんが知ったかは不明ですが、Kさんがいなかったら大変なことになってたかもしれません。

とりあえず重症じゃなくて本当に嬉しいですが、退院して仕事復帰するまで心配です。
それにもうあんまり飲ませられないねと言うと、本人「いや飲める、医者も飲んでいいと言った!」ですと。
見張るのは無理ですが、それとなく気をつけてあげなければ。

発病時の症状の出かたはいろいろでしょうけど怖いですよね。
友人は「あなたのせいじゃない」と言ってくれたけど、具合の悪い人を放ったらかしにしたんですから責任は感じます。もしも万一の事があったらどうしようって随分思いつめていました。
元気な姿を確認したあとも、あの時もっと親身になってあげてたら・・・後悔しています。
もしまた誰かが今回のような状況になったとしたら、あとで笑われてもいいから、迷わず救急車を呼びますわ。


日記 | Comments(2)
Comment
No title
とにかくYさんがお元気そうなご様子でよかったです。
菊さんと同じ立場におかれたら……私もやっぱり
ヘンだなと思いつつもそのまま帰してしまったと思います。
つじつまの合わないことを言うのが病気のせいだなんて
全然しりませんでした。
でも、これを機に、気を付けるようにします。
友人たちも私も、いつ、そうした病気を発症するか
わからないですしね。

それにしても、記憶がなくなるほどの状態でわざわざ
菊さんをよびだすなんて、本当に仲の良い友人なんですね。


そらまめさん
おおごとにならなくて本当によかったですが、血管の切れた位置があまりよろしくない場所だそうで、ちょっと心配はしています。

それにしても「憶えてない」「そんなこと言うたんか?」と言われても、最初は信じられませんでした。
まあ、つじつまが合わないのは十分ヘンなんですが、ちゃんとした口調で普通に喋ったやないの・・・と思います。
麻雀は草野球のメンバーで誰が勝って誰が負けたとか内容がリアルだったし、車のこともそうですけど、あんなふうになるのかなあって不思議感が半端ないです。

>それにしても、記憶がなくなるほどの状態でわざわざ

毎晩どこかで飲むのが習慣の人なので、たまに一緒に飲んでましたが・・・、仲良くしてもらってるけど、なんで私なん?て思いましたよ(謎)
記憶ないのに、普通に行動(運転も)してるなんて怖いしビックリですよね。

管理者のみに表示
 | HOME | 風蘭 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。