--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/10/30

母、再入院

母、退院直後は順調そうだったんですが、昨日から調子悪くて寝込んでしまい、今朝はパンを食べたのでよくなったのかなと思っていましたが。私が正午頃に買物から戻ると高熱だし様子が急変しててうろたえました。4年前にこの病気による敗血症を起こしたときに似てたので、もう様子見している場合じゃないと判断。入院してた先に電話したらすぐに連れて来るように、と。でも、本人は朦朧として身体には全く力が入らずくにゃくにゃしてて私ではどうにもならないので、またもや救急車のお世話になりました
外来診察中の主治医が抜けてきて診てくれましたが即入院です。腎臓の腫れは前々から指摘されていて、現在のカテーテル交換で維持するには限度があることは、すでに何度も説明を受けていました。今日はとにかく熱を下げて身体を楽にするための処置術を受け、危惧された大量出血もなくうまく成功して、夕方には症状が落ちつき、顔色も良くなって私もホッと一安心しました。が、この入院は長くかかるとのこと

夜、いったん帰宅して入院準備を整え再び病院に行ったら主治医が待っていて「いま落ちついていますよ。危機は脱しました」の言葉には、やはりショックで怖いと思いました。今後のことは様子をみながら良い方法を考えていきましょう、と。
局部麻酔なので母の意識はずっとあったらしく、ろれつの回らない言葉で「こんな年寄りの私の命を助けるためにたくさんの人が動いてくれた」というようなことを言ってました。そして私に「ごめんね、申し訳ない」と何度も。そんなん言わなくていいのにね。「まだ死なれたら困るわ。まだまだ死なせへんで」とキツイ言葉で励ましました。喧嘩ばかりしてるけど母にはもっともっと長生きして欲しいのです
日記 | Comments(4)
Comment
No title
お母様その後いかがですか?
菊さんの励ましで、きっとお気持ちを
強く持たれたことと思いますが、
身体がしんどいのは本当にお辛いでしょうね。
菊さんもまだ本調子ではないでしょうかたら、
どうぞあまりご無理をなさいませんように。
くれぐれもお大事になさってくださいね。
そらまめさん
ありがとうございます。
今回ばかりはもうダメかと思いましたが、4日に再手術、今のところ順調に回復しているようです。
一昨日まで身体にたくさんの管がついてたんですが、昨日管が外れたとたん母は一気に気力を取り戻したようで。身体って不思議なもんですねえ。。。

じつは、31日の朝行ったら、母が精神的に不安定になっていて奇妙な発言の連続(私は完全に母が呆けたと思いました)高齢者に多い一過性の症状だったそうで幸い2日後にはいつもの母に戻りましたが、私はその2日間生きた心地がせず食べ物の味もわからず、いろんなことを考えてしまいました。これまで生きてきた中で一番の衝撃だったです。このことは落ちついたら書き残したいと思います。

まぁ、そんなこともありまして、31日から泊まりで付き添いましたが、昨日から歩行練習も始まり、私もやっと家のベッドで眠ることができました。
管を外しても問題ないかを経過観察中ですが、順調なら早く退院できると思います。がんばりまっす!!
No title
よかったですね!
お母様の生命力もたいしたものです。
また元気に親子喧嘩ができる日も近いですね。
菊さんも長期間の付添い、お疲れ様でした。
一日も早く退院できますよう
お祈りしていますね。
そらまめさん
ありがとうございます!
万一のために温存していた腰のもう一つの穴(管)を使わなくて済むようになったので、今日はその穴をふさいで大部屋に移動しました。
足元が頼りないので動くには付き添いがいるし、まだ歩行器でヨチヨチ歩きです。
退院が早まるのは嬉しいけど、家の手すりや歩行器の用意など、いろいろ準備が必要かもしれません。
どんなふうにしても後悔は出てくるかもしれませんが、出来うることは全部やりたいと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。