--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/07/05

風蘭

風蘭が咲きはじめました♪
嬉しくて壁にかけて眺めています♪
すぐに外に出すんですけどね~
ちょっとのあいだだけ室内で楽しみます

20140704 (2)

まだかなぁ・・・と首を長くして待っていたわりには、開花に全く気がつきませんでした。昨夜帰宅して玄関の鍵をさしたとき、風に乗って憶えのある香りがふわっと流れてきました。あわててラティスにぶら下げてある風蘭を見に行くと、暗がりの中でくっきりと純白の花が浮かび上がっていました。ピカピカ輝いていました。大袈裟かもだけど、私にはそう見えました(笑)

20140704 (1)

写真が下手でごめんなさい(汗)
留守の間に咲くなんてずるいやないの~とか、えらいねぇ!とか、話しかけてる自分が自分でも可笑しくなってしまうんですが、いつ見ても自然の造形の不思議を感じてしまいます。小さくても高貴な感じ。そしてとても可愛いです。この香りが伝えられないのはかなりもどかしい~~です

20140704 (3)

おたまじゃくしみたいな蕾もなかなか愛らしい♪
全部が咲き揃うのが楽しみです!
山野草・盆栽 | Comments(6)
Comment
No title
きゃー、めっちゃすてき。
風に揺れそうな、きままな咲きっぷりもいいですね。
我が家の風蘭もしつこく期待してましたが、
いまだ花芽の上がる様子なしです。
高座の滝の風蘭も昨日見てきましたがまだでした。
あちらはちょっと気温が低いからこれからなのかな。

そうそう、ウチョウランはうまく育ちませんでした(涙)。
葉っぱが2枚大きく出て、つぼみが上がってきたのですが、
一つは小さな花が1個咲いただけ、
もう一つはつぼみのまま花が枯れ、
もう一つはまるまる枯れてしまいました。
せめて球根だけでも残らないかなーと期待しています。
そらまめさん
咲きはじめより香ってきましたよ。
咲いたら室内の壁に掛けたくてヘゴ付にしたのでした(笑)
もう一つのヘゴのほうが蕾が多いので、咲いたらまたアップしますね。
高座の滝の風蘭は迫力ありそう。なんといっても天然ですもんね!
もし撮影ができたらまたお願いしま~す。

それと水遣りですけど「空中にシュッだけで良い」って嘘やろ~と思ってましたが本当のようです。
黄変後にシュッだけに変えたら、黄変が止まって元気になってきましたから。
そらまめさんのも来年はきっと花芽が来ますよ♪
ちなみに花芽の素は冬の間(12月頃~)に作られるらしいです。

うちでウチョウランが無事に咲いたのは、ウチョウラン専門の愛好家が選別した球根だったおかげ、ただただ球根が立派だったおかげ、だけです。
その立派な球根も、私の手元では年々痩せ細って消えてしまいました。肥培の仕方が悪かったのかもしれません(汗)
もしまだ葉が残ってるなら、薄い液肥をまめに遣って、日光に十分当てて光合成させてみて。球根が健全に太れば開花球になるから。

前に紹介した渋~い草の岩ヒバは、ウチョウランとは最高の相性らしいんです。岩ヒバの根に球根をうめておけば放置しててもすごくよく育ってふえるんだって。本当かな(謎)
No title
やっぱりシュッでいいんですね。
実は今も徹しきれないでいましたが、
今日から心をあらためねば!
ウチョウランもまだ葉っぱは残っているので
頑張ります~。

岩ヒバの間からウチョウランが咲いたら
素敵でしょうねえ。
フウランとマメヅタの取り合わせもかわいいですね。
私も来年はヘゴ付けにしてみます。
そらまめさん
なかなかシュッだけじゃもの足りませんが、そこは心を鬼にして、ですね(笑)
よほど乾燥が続かないかぎり、シュッだけで良さそうです。

ヘゴ付、ぜひやってみてください。楽ですよ~
私も来年はちょっと変わった植え付けにしてみたいと思います。
「つのん棒」とか「しゃり木」って知ってますか?
あまり売り物がないので出物があればと狙ってるんですけど。
天然木が朽ちて空洞化したもので、鉢代わりにすると風蘭や石斛にとても似合うと思います。

山野草愛好家の作品写真集を見ていると、岩ヒバ+ウチョウランの組み合わせが多いんです。どの解説にも好相性と書いてあるので、きっとそうなんだと思います。
No title
「つのん棒」とか「しゃり木」って初めて知りました。
検索してみましたが、ええ感じですね~!

「花ぼうし」という会社のサイトの「園芸グッズ」で
販売されてましたが、小で600円となってました。
小ってどんな大きさなんでしょうね。

こんなのを見てると、土と鉢で育てるよりも、
扱いが簡単で場所もとらなくていいですね。
マンション暮らしには持ってこいって気がします。
そらまめさん
古い園芸書を見ていると、石斛のしゃり木植えは昔はわりと一般的だったみたいです。
石斛の中でも、キバナノセッコクみたいなヒョロ~ンとしたタイプは特にしゃり木に似合いそう。
そのうち作りたいなぁ~~と思ってるんです。

いま気がつきましたが、盆栽でジンとかシャリ(舎利)とかいうでしょ。
あのシャリも、しゃり木のしゃりも同じ意味なのかなぁ・・・なんて。

「花ぼうし」見てきました。
教えてくれてありがとう~♪
こちらのお店のは本物のしゃり木ですね~。
たまに加工品をみかけますけど、それでもいいんだけど整いすぎてて、やはり天然のほうが断然風情がありますもんね。
お値段はまぁまぁと思いますよ。

サイズは
(小)L=150
(大)L=200
と記載されてました。
少し小ぶりなタイプですね。風蘭向きです(笑)

管理者のみに表示
« バニラ | HOME | 擬宝珠 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。