--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/05/23

渋い&可愛い

前々から気になっていた植物なんですけど・・・

20140522 (1)

これ、何だと思います?
ネット購入しましたが、届いて初めて見たときビックリしちゃいました!
これだけを見たら、ちょっと気色悪いですよね(汗)

乾燥してカラカラの状態だとこんな感じにギュッと丸まってカチカチです。冬芽もこんな感じで中央を守りながら丸くなって冬眠しちゃうらしいんですよ。春になったら一雨ごとに展葉する・・・と本にあったのを読んで興味津々だったわけです。古典植物として葉芸品愛好家も多いそうですが、私のは入手しやすい一般的な普通種です

20140522 (3)

それでもなんだかはまってしまいそうな予感がして長年敬遠してましたが誘惑が凄くって・・・っていうか、ただ単に欲しいだけなんですが、とうとう手を出しちゃいました。どうせなら・・・ということで、どっさり買い込みました(爆)

軽石に植えつけてみました。たっぷり潅水して・・・

20140522 (4)

逞しいですね~。一晩おくとこんな感じにパッと展葉しました!
岩ヒバで~す
ジッと見てると、渋いわりにカワユイ草って感じがしてきましたよ(笑)
所属はシダ類でいいのかな?(誰に訊いてるんだか・・・)

岩ヒバは面白い植物で、茎はなくて葉の下はすぐに根塊です。外側の葉っぱが枯れると根になっていくらしいんです。この根塊に石斛を着生させるととてもよく育つそうなんです。私は以前羽蝶蘭をやってましたが、管理が下手なせいで球根を維持するのが難しくて、いつの間にか消えてしまってたんですが、岩ヒバの根塊に羽蝶蘭の球根を埋めておくと、管理が簡単で放置してもやはりよく育つと何かで読んだことがあります

20140522 (5)

さっそく岩ヒバの根塊に石斛を付けてみました。今年最後の白花が開花中・・・付けたてで不細工ですが、早く馴染んでうまく育つといいなぁ

20140522 (2)

麦蘭に小さな蕾発見!
虫メガネで探さないと見つけられないぐらい小さいです。2ミリぐらいかな・・・咲いても地味~~な花ですが、一度見てみたかったので、見たら気が済むと思います(笑)
山野草・盆栽 | Comments(4)
Comment
No title
わ~、ほんと渋い~!
麦蘭も渋~と思ったけど、それをもしのぐ渋さです(笑)。
でも、お水をあげると葉が展開するところがかわいいです。
麦蘭の花って、どんな花が咲くのでしょう。
私もアップを楽しみにしておきます。
そらまめさん
石斛と相性がいいってことで前から気になる存在でしたが、渋すぎてオヤジくさい気がしないでもありませんが。。。(汗)
でも岩ヒバの復活力は本当に凄いな~と感心します。

今の一番の楽しみは麦蘭の開花と筬蘭(オサラン)の花芽が上がってくれることで、一日に何度も見に行ってます。見つめすぎて出てきにくいのかも~
No title
菊さん。
見つめすぎて、花芽に穴が開いてるかもしれませんよ~。

フウランはヘゴや石付けにもできるんですね。
ぜひぜひお手本をアップしてくださいませ~。
そらまめさん
風蘭の葉芸品は「富貴蘭」とかいって古典的な観賞方法(楽鉢やキンキラ鉢に入れて屏風を立てて飾るなど)するのが正統らしいです。石斛も葉芸品は「長生蘭・ちょうせいらん」って呼び名が変わって鑑賞方法もかわるらしいけど、そうなったら私なんぞの手にはおえまへん(笑)
うちにも葉芸品石斛があるにはありますが、咲かないなぁ・・・と思うだけで特に大事にもせず、他の石斛と同じ扱いです。

風蘭や石斛は自生地では木に着生してるので、なにかに付けるのが向いてるように思います。ぶら下げておけばスペースとらないし、管理面では鉢植えより手抜きできます。これ、断言しまっす(笑)

そんな理由で着生蘭を鉢植えにする気がない私です
いいかげんな手抜き栽培ですが、またアップしておきますね~

管理者のみに表示
« 着生蘭 | HOME | クレマチス »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。