--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/03/13

気がつけば三月

まだまだ寒いけど、春めいた空気をふと感じる日がありますね

玄関脇のクリスマスローズが咲いていました。ごく普通のオリエンタリス種です。この鉢に放り込んだまま何年も植替えず、ろくな施肥も手入れもしないのに、花の少ない我が家にはありがたい存在です

毎年咲いてくれてありがとう!!
ありがとうと感謝しつつ・・・この時季のクリスマスローズの葉っぱって何の役にも立たないので、花が隠れないよう傷んだ葉を地際で切ってたらつんつるてん(汗)。葉っぱがなくなったせいで後の失敗盆栽(処分しようとして放置状態でした)が丸見えですなぁ、見なかったことにしてくださいませね(いい加減~)

20140312.jpg

先月から今月にかけて、我が家はいろいろとたいへんでした


先月中旬に母が入院。これは予定していた定期の入院で手術~退院も通常通りでしたが、入院前に日頃の細かなケアをしていただいてるかかりつけ医のTクリニックさんから入院先の主治医宛に、折り入った手紙を預けられたときから、いやな予感がしたのですが、手紙の内容は「持病の慢性膵炎が悪化。腫瘍マーカーの数値上昇。膵臓癌の疑いあり」とのことでした

泌尿器科病棟に入院していたのでそのまま内科へ移動するとばかり思っていたのですが、主治医の先生がとても恐縮しながら「申し訳ないんだけれど」と、いったん退院して改めて内科の予約をとってほしいと仰る。そういう規則なら仕方ないのですが、予約するのは私ではだめだそうで、Tクリニック先生から直接内科宛に予約してもらうように、とのこと。大きい病院て融通がきかないものなんですね

それで退院翌日、Tクリニック先生に頼みに行ったり痛み止めのお薬をもらったり、その翌日には母を連れて再び入院していた病院で診察を受けました。母が「どうしてお腹が痛いのかな・・・」と不安がるので、万一のことを考えて本人には膵臓というのを伏せていました。私はとにかく早く検査と検査結果が知りたかったですが、これまでの経験で大きい病院は何を進めるにも暇がかかると分かってたので、厚かましいながら「本人が痛むと言うので早く・・・」と内科先生に交渉して、その翌日検査、翌々日検査結果、という段取りになりました。急かしたら早く出来るんやん、とも思いました

結果、膵炎の悪化は認められるが膵臓癌は認められないという内容で、心底安心しました。一息つけたという感じです。ただ、他の臓器に症状というか病変が見つかって、あらためてそちらの検査を受けるため、消化器内科と婦人科へ回ることになりました。そのうえで別の検査が決まり、今やっと予定の検査の半分が済みました。来週は大きめの、これは多分苦痛を伴う種類なのでしょう、薬で眠らせてる間にする検査、と説明がありました

母はどう思ってるのだろう、身体をいじりまわされて、きっとすごくイヤで辛いに違いないはずですが、これまでのところは文句を言わずダダもこねず、素直におとなしく私の言うとおりに従ってくれています。私自身いろいろ迷いますが今はいっぱいいっぱいな感じで、落ちついてから母の幸せについて考えたいです。結果が無罪放免とならなくても、必要な治療をして生活に気をつけつつ、好きなものを食べてもっと長生きしてもらいたいです
日記 | Comments(2)
Comment
No title
まだ検査が続くのですね。
お母様も不安でしょうけど、支える側の菊さんの心労もいかばかりかと。
でも、ガンではなくてほんとうによかったです。

母の世代は戦争で大変な青春を送って、
結婚しても昔ながらの価値観のもと
自分の喜びは後回しにして生きてきたので、
せめて老後は気ままに楽しく暮らしてもらいたいと
思っていたら、今度は身体がいうことをきかず…。
ちょっと切ない思いです。
ほんとに、せめて最後までおいしいものを食べて
ごきげんさんに過ごさせてあげたいですよね。
そらまめさん
手紙を預った時、かかりつけ医さんの顔色が変わってたので、今度ばかりはもうダメなのか・・・と思いました。予定の検査もあともう少しです。がんばりま~す!

ほんと、母たちの世代の人はそうですよね
身体がままならないので可哀そうに思いますが、不思議と本人は泰然として泣き言も言わずジタバタせず落ちついているようです(ジタバタしてるのは私のほう。。)
私からすると楽観的にも見えますが、戦中戦後の経験以上に驚くことは何もない、らしいです
母、「わたしゃいつでも覚悟はできている」って武士みたいなこと言うんですよ。わたしゃ複雑ですわ~。。。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。