--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/09/27

ほぼ回復・・・かな?

久しぶりに猛烈な胃痛と闘いましたが、絶え間なく激痛が訪れた月火水の3日間はそうとうハードで、水曜日の深夜はとんぷくのブスコパンさえ効かないとなれば、大袈裟ですが痛みがほとんど恐怖に思えるほどでした

昨日の昼近くにようやく痛みが薄れてきて、夜は、お粥さん、お豆の炊いたん、カボチャのスープなど、少量ずつ食べました。げんきんなもので食べるとムクムク元気が湧いてくるようです。今日は痛みはほとんどなく、朝はお粥さんと柔らかいシラス、出汁で炊いた湯豆腐一切れ、カボチャスープを少量ずつ。お昼はにゅうめん半人前。夜はお粥さん、ひろうすの炊いたん一個、出汁巻玉子一切れ、ヨーグルトを食べました

久しぶりに食事が美味しく感じられて、もう少し食べたい気分になりましたが、また痛くなったらもう耐えられそうにありませんのでほどほどに。しばらくは少食を心掛けようと思います(いつまで続くかわかりませんが!)
ま、今までが食べたいだけ食べて飲む、の生活ですから(汗)

痩せた、やつれた、思うでしょ?
なかなか~痩せませんです。シブトイです(太っ!)
私はガクっと減っているはずと思ったのに、あんな苦しんでたった1.5kgしか減ってませんでした。もっと減ろうよ~!と体重計にブチブチ文句つけ・・・(>_<)


じつはこれまで行っていたクリニックは・・・まぁ、症状度によってクリニックは使い分けてはいましたが、結局は長い年月一番お世話になったクリニックなので申し訳ない言いぐさですけど、風邪をひいた時などに薬局代わりに使っていたというのが実際のところでした。あまり混まないので待ち時間が短いという利点はありましたが。それってどやねん?ですわねぇ(汗)、しんどい時に待ち時間が短いというのは結構ありがたかったりしたのです(というか、全くほめ言葉になってないですな・・・)
地元では老舗扱いですけど先生もお歳で古いというか、診断に自信なさげなことを言ってみたり治療に熱心さが感じられずハァ?と思ったり、この検査結果なのに放置するの??と疑問に思ったりと、頼りなさを感じていたので(ご近所の方からも同じ感想をきいてましたから)このさい縁を切ることにしました

今回のクリニックは新規で行ったのですが、ご近所のおばさんから「よく診てくれる良い先生。若くて優しい。胃腸が得意よ」と聞いていて、それに私はそこの前をよく通るのですがいつも繁盛している感じなのを見ていたので、きっと良いんだろうなと思っていました。おばさんの言った通りの先生だと思います。今のところは・・・

胃腸炎はだいたい治ってきたと実感してるのですが、まだ胃から腸にかけて膨張感、違和感がおおいにあり、また週末でなんとなく心細くもあり、念のため夕食前に診察を受けてきました。食事や生活の注意など、そしてもうしばらく薬を続けたほうが良いということでいただきました

火曜日に受診した時の尿検査は正常とのお話でしたが、私は気になることがあったので話してみました。2004年に患った肝炎が黄疸が出るほどの重症だったこと。以後、下がったとはいうものの肝数値が高いまま固まってしまっているにもかかわらず、特に治療はなにもしていないこと、飲酒のことなど

そういう状態なのに習慣的に飲酒し、それも普通量を軽やかに飛び越えてしまうほど飲みたいだけ飲んでおきながら恥ずかしい話と思うんですが、やはり肝炎を患った当時を思い出すと恐ろしく(当時、私はもう長くない死ぬだろうと思っていたので。阪神も優勝したしもうええか・・なんて思ってた)、今回のように激しい胃痛が起こったときなどには、まずは肝炎では?と疑い不安になるのです。日焼けしてない腕の内側やお腹や太腿に黄疸が出ていないか何度も見てしまいます。やはり怖くなるのです

肝炎の不安をかかえながら、その不安がどの程度のものかさっぱり把握してませんし・・・。どうしてもっと早くちゃんとしないの?と思われるでしょうが、ちゃらんぽらんで投げやりな私本来の性格もあるし、怖くて勇気がないというのが本音といえば本音かも。。。

で、今日はそのお話をして、先生からは細かな点を問診されました。来週の血液検査の結果によっては別の検査が必要になる、というかその可能性大なのですが(泣)、具体的な治療が必要ならば、今回はがんばってみようかなという気になりました。そんな気になるぐらい今回は辛かったです。痛いのは仕方ないにしても、肝炎再発の不安はちょっと耐えがたい思いがありました

最低でも、一日にビール一本と日本酒一合は死守したいので!
まだ言うか~~~と叱られそうですね(>_<)
日記 | Comments(2)
Comment
No title
ずいぶん回復されたようでよかったですねえ。
うちの近所にも高齢のお医者様がやってる
小さな診療所があります。
やたらとたくさん薬をだしてくれるので、
やっぱり私も薬局代わりと思ってます。
利用しておいて悪口言うのも気が引けますが、
高齢の患者さんにとっては危ない先生ですよね。

それにしても、お酒が菊さんにとってどれだけ大事か
よ~~~っくわかりました(笑)。
そらまめさん
必要なら大きな病院もいいのですけど、そこまで調べてくれなくても・・・というほど次々と検査が増えて、身体をいじられるでしょ。結果たいしたことなかったし(なんちゅー言いぐさ!)
これまでに経験した病院に対する不信感が根強いのかも(>_<)
痛かったり苦しかったりの検査は怖いですもんね。私、弱虫なんです~(汗)

新規で行ったクリニックが話しやすい先生で良かったと思っています。信用してもいいかなと思いました

これから年末に向けての仕事も控えてるし、心身とも万全にして月初から頑張りたいので、今はひたすらおとなしくしています(^-^ヾ

お恥ずかしい話ばかりしてますが(汗)
禁酒じたいは、さほど辛くないのですが
たぶん私は・・・自分でたぶんと言うのも変ですけど、お食事やお酒の席での人間関係が好きなんだと思います
ぜったいに楽しくなくっちゃイヤだ~って思いますから、楽しめる程度のコンディションにしておかないとね~!と思います(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。