--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/21

草と木…近況

20120520 (5)

お目々パッチリな感じでお目覚めしてます♪
そらまめさんからいただいたヘンリーヅタです
去年のランナーは切ってしまいましたが、また伸びてきますよね

20120520 (1)

細葉の屋久島擬宝珠です
小さくて草丈が低いから他の葉の陰になって、葉が乱れてますので
地際から全葉刈りします
つんつるてんになる前に写真をば・・・これは多分今年も咲きません(汗)

20120520.jpg

今年の石斛はもう終わりかぁ~って思っていたら
いつもは全然咲かない種類のヘゴ付の株から一輪だけ咲いてました
これを入手した時に「葉芸品です。長生蘭ですよ。まぁ・・花はあんまり咲かないかな~」と言われましたが、どこに葉芸があるのかさっぱり分かりません(汗)
ヘゴに付けずに鉢管理する種類なのかなと思いますが、育て方が野性的でどれもこれも吊るしちゃってます(笑)
たった一輪だけでしたけど、咲いて嬉しい♪
花はふっくらと丸みがあって、純白で赤紫の点が貴婦人っぽい・・・かな
羽蝶蘭の白紫点花(しろしてんか)の感じですかね

20120520 (2)

ああ、もう、無理・・・絶対枯れたと諦めていた(と言いつつ未練たらしく水遣りを続けていた)沢渡りがまだ生きていて芽を吹きました!!
復活するかどうかは甚だ微妙ですが、ちょっと嬉しいです♪
なにしろまだ一度も咲いていません(こんなのばっかり・・・汗)
惑星みたいなステキな花が、いつかそのうち咲くかもしれません

20120520 (3)

こちらは間違いなく完全に枯れてしまった姫シャラです
一度も咲きませんでしたが、紅葉がけっこう綺麗で、それだけで満足だったんですが、すっかり枯れ死にしちゃいまして、やっと諦めがつきました
株元の黄金シダだけが元気です。黄金シダの紅葉を楽しみにしますわ(涙)

20120520 (4)

あはは・・・(汗)
日陰の場所に追いやられて、ひょろり~~んとなってしまったナナカマド
ナナカマドって硬いんですよね・・・適当なところで切るしかないかな
さてどうしましょ。。。困ったなぁ(>_<)
山野草・盆栽 | Comments(4)
Comment
こんばんは☆
菊さん、こんばんは☆

ヘンリーツタ、今年の秋も綺麗な色に染まってくれそうですね。

そして枯れたと思っていたものに、緑色の葉っぱが
見え始めると。。嬉しいですよね♪

屋久島擬宝珠、小さな鉢に植えてあって、可愛らしいですね。

我が家の石斛、年々花芽が少なくなって来ています。(^^;
はおとさん
こんばんは~

ホント、諦めてたのに新芽が出ると嬉しいです!
復活はどんなものでもありがたいですね~
ヘンリーヅタは去年よりも元気一杯で、今年も期待していまーす(笑)

石斛が咲きませんかぁ・・・花がないとつまりませんよねぇ
考えられる理由は水遣り過多ですけど、乾燥気味にしておけば花芽が付きやすいです。石斛は空気が好きなので風通しの良い場所で、あまりかまわずに放置しておけば花芽がつくと思います
水遣りは、とても乾いた時だけにするのが良さそうです

花芽を多くつけるコツですが
ちょうど今から秋までの間が、根と新茎がグングン伸びる活動期なので、水遣りや液肥を与えたかったら今の時季です。液肥は極薄いものが良いですが、与えなくても花芽は来ます。秋以降は根が動きませんから水も肥料も控えた方が良いです。ちなみに私は一年中無肥料です

夏場に伸びた新茎には、来年になると花芽が付いて、再来年に開花します。ですので再来年の花は今年の新茎次第ということになります。乾燥気味に育てると、根が水分を求めて鉢の外に出てきて暴れます。見苦しいかもしれませんが、石斛がそんな状態になるのは健康な証拠なので、花芽がたくさん付くようになりますよ♪

いろいろたくさん書きましたが、風通し良い場所に置いて、心を鬼にして水遣りを我慢する・・・です(笑)
がんばってみてくださ~い(^-^♪
ありがとうございます♪
菊さん、石斛の水遣りについて、ありがとうございます♪

私ね、他の鉢植えたちと同じに、水遣りをしていました!(@@

きっと与え過ぎだったのでしょうね~

秋以降は水遣りを我慢しますね。
はおとさん
こんばんは~

石斛を庭木に直接付ける方もおられるそうで・・・
まぁそれが石斛本来の姿なんですけど
それぐらい手間の要らない良い子です(笑)

鉢植えなら小さめの鉢にぎゅうぎゅうづめに植えると
鉢が乾きやすくなり、根が暴れて良い株になりますよ♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。