--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/31

一年を振り返って

思いがけないことが続いた一年でした
東北の震災はもとより、関西でも大きな震災がありました
想像を絶する被害に、誰しもの心が痛み、傷ついた一年だったと思います

小さな話で恐縮ですが、今年我が家では若を喪いました
若の変化に気づいてやれず、何の手当てもしてあげなかった
それを思うと申し訳なさに今も胸が苦しいです
この後悔を私は一生持ち続けます。そうしたいと思うのです

若を喪った悲しみが癒えぬうちに、母が倒れました
今まで聞いたこともない病名でしたが、おそらく徐々に進行していて、倒れたのは限界にきていたせいでしょう。青天の霹靂・・・まさにそんな感じでした

4ヶ月の間に3度の入退院、うち2回は緊急入院、大小あわせて4度の手術、これはこれで我が家にとって大事件でした。年をとっても母はそれなりに元気で家にいてくれるもの、それが当たり前だ・・と思ってましたから

母に十分なことをしてあげられたかどうかは分かりませんが、今回に限っては私に出来ることは全部精一杯したと思います。もっとあとになったら、あれもこれも出来たじゃないかと思うかもしれませんが、考えられることは全てした、今のところはそう思います

お正月といっても何もない我が家ですが、母が無事に元気な姿で帰宅することができて、一緒に穏やかに過ごせるのは、なんとありがたいことでしょう。周りの皆さんの励ましやお心配りがどれほど支えになったことか、どう感謝しても感謝し足りないです

今日母が「本当にあなたには世話になった。あなたのお蔭で助かったんやと思う」と言われ、「いやいや、そんな・・」と言いつつ涙があふれて仕方ありませんでした。母の治療は生きている限り続きます、まだまだ先は長いんだ、あらためてその覚悟ができました

命について考えるにつけ、今年震災で喪われた多くの命が思われます
祈ることしかできないのだけど・・・
日記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示
« 2012年 | HOME | 大晦日 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。