--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/08/05

メロンの想い出

20110804.jpg

地元の“ふるさとギフト”っていうのかなぁ
メロンと桃の詰め合わせをいただきました
あんまりメロンと桃の組合せって見たことがありません、よね?

よく見ると、もともとはメロン2個入りの箱だったところへ、桃をむりやり押し込んだ(汗)・・・という感じなので、緩衝材で包んでいてもデリケートな桃ちゃんの接触面が傷ついていて、やはり桃専用のケースじゃないからですね。贈り主さんにも申し訳ないし(私が申し訳ないってのも変ですが)、折角のお品なのになぁ~・・・と残念に思いました

なにしろ私、桃には目がないんで、大好物なので(^-^ヾ

子供の頃、風邪をひいて学校を休むと、うちの場合は食事が鍋焼きうどんだったのですよ。それとリリーの白桃の缶詰(笑)
冷た~く冷やして、つるるんと・・・それが風邪の熱で熱くなった口やのどを通るとひんやり美味しくて、風邪の時はそれが楽しみでした(*^o^*)

ところでメロン
古い人間なものですから、病気になったらメロンを食べる(食べられる)と思うタイプで、「何が食べたい?」と訊かれて「メ・・メロン。アミアミのメロン」なんて言った記憶があるような、ないような(恥)

先月、北海道から赤肉のメロン5玉が届いて、「食べ頃・3日以内」のメモが入っていたもんですから、いくらなんでもそんなに食べられないわ・・・と、ご近所やお友達にお分けして、フーフー言いながらやっと平らげましたが、昔に比べると気楽なものになりましたねぇ

父が最期の入院をしたとき、当時父はまだ現役でしたから仕事関係のお見舞い客も多くて、毎日のようにメロンの箱を持って帰らされました。ちょうど今ぐらいの夏の盛りでした。日が落ちても、むせ返るような熱気が残る夜道を重たいメロンの箱を抱えて帰るのは、ただでさえ暗く沈んでいる気持ちがますます重くなるようで辛かった

持ち帰ったメロンは我が家ではもう消費できなくなっていたのでご近所へ差し上げるのですが、貰ってくれる方も二度目三度目にもなると、父の状況が分かるだけに言葉にお困りになるようで。。。メロンに罪はありませんが、メロンなんか嫌いだぁー!と思いました

立ち直りは早いほうなので、今はメロン、大好きです(爆)
飲むとか食べるとか | Comments(2)
Comment
No title
ゴージャスな詰め合わせですね。
我が家はもっぱらバナナばっかり(笑)。
昔は高級果物だったのにー。
リリーの桃の缶詰なら私もよくたべました。
でも黄桃だったような。
きっと白桃は缶詰といえども高かったんでしょうね。
そらまめさんへ
こんばんは~

立派な桃なのに、箱詰めの仕方が悪いばっかりに傷がついてしまって、もったいないなぁ・・・と思いました

黄桃もよく食べましたよ
昔はフレッシュフルーツなんて贅沢で、というか子供には甘いシロップに浸かったフルーツほうが嬉しかったかも・・・です(^-^)

その缶詰さえ、何かの折の戴き物を大事に取置いてた物だったりするんですけどね(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。