--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/03

石斛 高芽とりの株

20110502.jpg

うふっ♪
可愛いでしょ~~(^o^♪

花の直径は、約1.5cm程ですが、小さくてもちゃんと蘭してます♪
それにとても良い香りがします

以前、こちらの⇒高芽とりしておいた石斛(セッコク)です

とても簡単に増やせて管理も簡単ですので、高芽を見つけたらぜひお試しを!

うちでは、針金を素焼鉢に巻きつけて、雨の当らない軒下に吊り下げています。水と肥料は遣っても遣らなくてもどちらでも構いません。ちなみに私は無肥料で水遣りも滅多にしません

石斛の太い茎は空気中の水分を蓄える能力がありますから、潅水は気にしなくても大丈夫です。どうしても気になるようでしたら、夏場の激しい乾燥が長く続くする時期に与えても良いと思います。与える時はたっぷり与えて、石付なら石全体にたっぷり与えたほうが良いです。そして湿ってる間は次の水遣りをしないのがコツです

石斛は、空気も水も大好きです。乾燥させると空気中の水分を求めて、根が鉢の外へ外へと伸び出してきて暴れます。暴れるのはそれだけ元気な証拠ですから、暴れさせたほうが丈夫で立派な矢になります。それなので乾燥気味に管理するのが良いと思います

根を伸ばすのは花後(5月頃)から秋(寒さが来る前)迄ですから、石付や流木付に仕立てるなら今が適期です。麻紐や糸をぐるぐる巻いて約一年おけば確実に着生します。秋になって作っても着生しませんし、無理をするとその後の生育に影響しますので、例えば秋の植木市で入手した株は、そのまま鉢で管理して春まで作業を待つほうが安全と思います


まだ素焼鉢にワイヤーを巻いたままですが
せっかく咲きましたので、ちょっと仕事場の窓際へ飾ってみました

20110502-1.jpg
山野草・盆栽 | Comments(2)
Comment
No title
見事に咲きましたね。
セッコクの育て方を読んでいると、胡蝶蘭と
にてるなあと思います。
あ、どちらも蘭だから当り前か~。
でも胡蝶蘭はこれといって香がないような。
香のする花が身近にあるとたのしいですよね。
そらまめさんへ
こんばんは~

咲きました~!ちっちゃいですけどね
お向かいさんにも同時期の一鉢を差し上げたら
蕾が1個つきました。少なっ!

胡蝶蘭は香りがしないんですか?
知らなかったです
誰も贈ってくれないんだもーん(あつかましい。。)

同じラン科でも胡蝶蘭は難しいんじゃないですか?
温度管理とか・・光の加減とかが

セッコクはデンドロビウム(名前合ってる?)の系統になると思いますよ
だいたいのセッコクは香ります!
原種系のほうが香るような気がします
玄関脇の大株は風が吹くたびにとってもイイんですよー♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。