--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/23

なんだかなぁ。。。

■なんだかなぁ。。。その一

20100722 (5)

綺麗なカサブランカでしょう
お向かいの奥さんからいただきました



このカサブランカ・・・
向い隣に4月に引っ越してきた奥さん(Uさん)が、車庫から車を出す時にカサブランカの鉢を引っ掛けてしまい、茎の途中でポッキリ折れてしまったため、お向いさん(Mさん)が切り花にして私にくれたものです。Mさんの鉢はMさんの敷地内に置いてあって、はみ出てませんから何も問題はありませんでした。車庫も道路も広くはないものの、この辺の住宅の車庫としては普通サイズですし、特にUさん宅の車庫は直進で車が出せますから、Mさんの鉢を引っ掛けたのはただ単に運転が下手なのでしょう

植木鉢が置いてあるのは、Mさん玄関横の窓の下です。門とか柵とかはありませんので、そのまま表に面してるのですが、窓の下に植木鉢を置くぐらいの幅があるので、そこにレンガを等間隔で敷いて、その上に植木鉢を置いて園芸を楽しんでおられるのです。でもひょっとして、もしカサブランカの鉢に引っ掛けてなければ、直接家に激突したかも・・・と思うと、運転が下手だけでは済まないような気がします。ちょっと怖いですよね(汗)

じつは私、Uさんの車がカサブランカを倒してる現場を見てしまいました。私の仕事場から丸見えなんです。私もちょうど出掛けるところで準備していたら、Uさんの車がゆるゆると出てきて、ガガガ・・・というような音が聞こえたので表に目をやると、車の窓ガラスの向こう側で、子供の背丈ほどあるカサブランカがグググーっと倒れて斜め45度ぐらいまで傾いてゆくのが見えました。あっちゃー!やりよったか・・・という感じでした(>_<)

気になってレースのカーテン越しで見ていたら、Uさんは慌てた様子で車から降りてきましたが、車と鉢が接触してるので間に入られる隙間がありません。再び運転席に戻り隙間を作ろうとしてるのですが、慌ててるせいかなかなか上手くいかないようで、どうにか車の向こうに隙間を作った時には、かろうじて斜め45度で止まっていたカサブランカは完全に引っくり返って倒れてしまいました。茎は多分その時に折れたんだろうと思います

そのあと、Uさんは車の向こう側にしゃがんだので、私からは見えませんが植木鉢を起こしているようで、車の窓ガラス越しにカサブランカがグイッグイッと起き上がってくるのが見えました。私は出掛ける時刻でしたが、今Uさんと顔を合わすのは気まずいなぁ・・・と思ってぐずぐずしていましたが、時間切れで外へ出ますと、Uさんはまだ車の向こうにしゃがんでいて、なにやらゴソゴソしていました。元に戻すのに夢中で私に気づかないのを幸いに、素知らん振りでそのまま出かけました

そこまでは、ただ単に植木鉢を倒した・・・というだけのお話でたいしたことではありません。まぁ表に置いていればそういうこともあるわなぁ、うちだってよくサッカーボールが飛び込んでくるし。も仕方ないな~と諦めやなしゃーないです、やんね?

20100722.jpg

数時間後に帰宅した時、私はカサブランカの一件をすっかり忘れていました。ちょうどお中元のフルーツが届いたので、Mさんからはいつも良いものをいただいてばかりなので、マンゴーをお裾分けに持って行ったのですが。。。

Mさんの玄関先でちょっと立ち話していたら、急にMさん、「あああーーー!!折れてるぅぅぅ!!」と叫びはりました(汗)
「いやーん!もうちょっとで咲いたのにぃ。やっぱり百合は頭が重たいんかなぁ」とションボリと仰る。。。どうも話が変、なんかオカシイ。Uさんの車が倒したことをご存じないご様子

出かける時は見えなかったけど、鉢の前には擦った時に砕けたレンガの赤いカケラが散らばったままで掃除もしてないし、そしたらMさんが再び「あれれ?いやーん!なにこれ!!」と叫びはります(汗)
カサブランカの鉢(イタリア製テラコッタで上等な角鉢です)には、正面に立体的なレリーフがありましたが、それが真裏へグルリと回ってると言うのです。確認すると案の定、正面レリーフの部分は削れて破損してました

私は余計なことは言わずにおこうと思ってましたが、どうにも不思議に思いましたので、Mさんに「あの・・・、わたし(かくかくしかじかを)見てしもたんやけど。Uさんから何も挨拶ないのん?」と。Mさんは『ずっと在宅してたけど何も聞いてないし、カサブランカが折れたんも知らなんだ』と

なんだか呆れて言葉が出てきませんでしたが
なんでUさんは、直ぐにMさんに声を掛けて謝らなかったんだろう
こんな大きな植木鉢、表を裏にするだけでも大変だろうに、それよりそんなことする前に、まずMさんに声をかけて「やっちまいましたぁ~」と詫びるのが筋でしょうに。お隣同士のことですから、「ごめんなさい!」、「いえいえ、気にしないでね」で済む話のはず

Mさん「あのねぇ、これで4度目やねん、わ」
私  「なにが?」
Mさん「植木鉢、壊されたのが」
私  「へっ??それはまた・・・」
Mさん「なんでこんなとこへ引っ掛けるのか、よう分からん。これに当てるて、相当運転が下手やん、な?
私  「う、うーん、、、スムーズに出られる幅はあるから、引っ掛けるのは珍しいかも」

もう運転すんの止めたら?向いてないわ ←これが本音(爆)

それよりなによりUさんは、ダンマリを決め込んでるのが良くない
どんな神経してんのかなぁ、よそ様のことながら憤りを感じました
Mさんも腹が立ったと思います、その場で折れた茎のところを切って「良かったらどうぞ」と私にくれましたが、気持ち的には誠に微妙でした(汗)

いただいたカサブランカは蕾でしたが、切花から翌日で開花しました。せっかくここまで丹精して育てたのにね。Mさん、お気の毒でしたが、今後こういうことがないとは言えないでしょうなぁ
Uさん、おとなしい感じで常識ありそうに思ったんだけど、なんだかなぁ。。。



■なんだかなぁ。。。その二

先日、家が揺れたか?と思うほどの、どえらい大音がしたので、どうもうちの玄関先のよう、たまたま私は一階にいたので仕事場の出入口から玄関に回ったら、奥隣のYさんちの男の子(小5ぐらい)が自転車に乗ったまま我が家の玄関ドアに激突して引っくり返っておりました(汗)
向いといい隣といい、こんなのばっかり・・・(爆)(呆)(泣)

「大丈夫?怪我してへんか?」と声をかけると、男の子は「すみません!ごめんなさい!怪我してません」と謝るのですが、余程強打したのか跨ったままの自転車を直ぐに立て直すことができません。私は重ねて「どこ打ったん?」と聞きましたが、男の子は「いえ・・・大丈夫です」と

もたもたしながら起きて、「すみませんでした」と言うと、そのまま自転車で出かけてしまったのですが、ドアを見て「あっ!」っと。。。
黒いドアに釘で引っかいたような白い傷が。目立つし大きいしけっこう深く削れてる(涙)
こういう傷から錆びたりするんじゃないのぉ?どうしよう(涙)

愚痴りますが、うちのドア・・・Yさんちの子供たち(全部で三人)に付けられた傷ばかり。上二人はもう大きくなりましたが、小さい頃は竹馬や一輪車がうちのドアに立てかけてあるなんてザラでした。現在は末っ子のこの男の子が立てかけます。なんで自分の家じゃなく隣家のドアにそれをする?(怒)

サッカーボール、ドッジボールが飛び込んできて棚場をなぎ倒すなんて数え切れないぐらいあり、それは現在も続いています(怒2)
堪りかねて注意を促すと、Y奥さんは「壊されて困るものは2階のベランダに置いたらどうですか?そのうち全部壊すかも知れませんから」と平気で信じられないことを言います。ゴミ出しなども非常識なことをするので近所の評判も悪く、反対隣の奥さんからは「菊さんには悪いけど、うちの隣でなくてヨカッタわぁ」と言われる始末。全く・・・ご近所は選べませんな。凹

とにかくドアが傷ついて数日間、ひょっとしたら男の子がドアにぶつかったことを自分で親に報告するかもしれないので様子を見ましたが、たまに奥さんと顔を合わせても不機嫌な顔で、挨拶してもウンと頷く(それもどうかと思いますが、いつもそんな感じの人なので)といった感じです。煩わしいので黙っていようかとも思いましたが、日頃から溜まったものがあるので、うちの母が「一言文句いうたる!」と怒ってますし、腹は私も立ってました(汗)

で、先日のゴミの日、玄関先で奥さんと会ったので「じつは・・・(男の子を)叱らんといてほしいけど」と切り出しました。私も腹が立つわりにはきついことは言えなかったりするので、「このような傷がついたけど、もしガラス部分だったら割れるかもしれないし気をつけて欲しい。竹馬や一輪車をドアに立てかけるのも止めて欲しい。うちの玄関先におもちゃを出しっ放しにされると、年寄もいることだしつまづいたら危ない。今回は男の子に怪我がなくて良かったけど・・・」というようなことを言いました

奥さん、何て言ったと思います?
一応「すみませんでした」とは言いましたが、そのあと耳を疑いましたわ(呆)
「あのアホがぁ(息子のこと)・・・。ぶつかって怪我しといたら良かってん!」て・・・。はぁ?
私、思わず言っちゃいましたわ。「うちのドアで怪我なんかせんといてくださいなっ!」

まったくどいつもこいつも(呆)
そもそも、どうやったらうちのドアに自転車で激突できるのか、サッパリわかりません
向い隣のUさんが、どうしてMさんちの植木鉢を引っ掛けるのかも、サッパリわかりません


■なんだかなぁ。。。その三

少し前の話、私には関係ない(と思いたい)のだけど、知ってしまうととても嫌やな・・・と感じたことがあって、それは食べ過ぎた後の胃の不快感に似てるというか、昔コールタールを塗った道路が真夏に溶けてるのに気付かず踏んでしまった時のような、いやぁ~な気分というか・・・
スミマセンね、何のことか分かりませんよね(汗)
とにかくドロッと重たく嫌な感じが、それも決定的に心に残ってしまったという話です

仲間内で遠方からのお客さんを囲んでの宴席に連絡ナシのドタキャン。それはまだ良い。というか予測範囲内。その人の癖でしょうから。ええことにしとこっ

ただ、宴会がはねるまでの長時間を、宴会場近くで時間潰して待ってるってどうなんでしょ。不思議な行動は理解に苦しみますが、いったいどうしたいんでしょうなぁ。そして宴会中の内一人に話をつけて、宴会後に別の居酒屋へ遅い時間までしけこむという・・・(呆)
気乗りがしないなら参加表明しなくていいし「行けたら行くわ」で済む話

本人はバレてないつもりらしいけど
えーっと・・・思いっきりバレてますねんわ(爆)

裏でコソコソは、バレたら値打ちがありません。知らないままならまだしも、バレてしまうとアホらしいし嫌な気分がするものです、そもそもゲストに失礼でしょう。もし内一人と個人的に会いたかったんなら、この日は避けて他の日にすれば良いと思いますが。いずれにしてもこの感覚のズレには、とうとう慣れることも馴染むことも出来ませんでした(過去形)

今後接することはないと思いますが、言いたいことは一つあって、それは参加表明すればいちいち時間や会場を連絡する役の人がいるでしょう。仲間内と思うからその方は連絡のお世話をしてくれるわけです。当日のみんなの動きや段取りを知った上で裏でコソコソするのは性質が悪い。忙しい中、何度も連絡のお世話をしてくれた方に対して、悪いと思う心はないのかな
素養の問題とはいえ、みんなで集っているところへ裏行為(嫌な表現だけど)は、つくづくなんだかなーでした
日記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。