--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/09

ちょっと宣伝(笑)

今月は大阪で團菊祭です
東京の歌舞伎座が3年間の建替え工事に入ったお陰?で、かなり役者が揃ってますのでこれは必見です

shochikuza201005b.jpg

昼夜とも充実してますのでどちらもオススメですが、昼の「勧進帳」、夜の「京人形」「髪結新三」は特にオススメです

團十郎さんの勧進帳は何度観ても素晴らしい!!の一言
流石は本家本元、重量感も満足度も違います
これまで他の役者さんの勧進帳も数多く観てきましたが、團十郎さんと比べると色褪せてしまうというか・・・失礼ながら(^-^;)
今回の主要役者は当代考えられる最高の配役で、これは松竹座開場柿葺落としの時と同じ配役と記憶しています。富樫には菊五郎さん。私は菊五郎さん以上の富樫はいないと思っていますので、もう今からワクワクです♪

「京人形」は楽しくて面白い舞踊劇で、昔、京都で吉右衛門さんと藤十郎さん(雁治郎時代)で観たことがあります
吉右衛門さんは珍しいぐらい男らしい踊り方をする方で、藤十郎さんは言わずと知れた踊りの天才、息の合ったとても楽しい一幕だったと記憶しています
今回は三津五郎さんと菊之助さんのコンビです。三津五郎さんは坂東流の家元であり踊りの名人。京人形役の菊之助さんには、かなり高度で難しい舞踊になるかもしれませんが、これはこれで楽しみです(笑)

世話物代表格の「髪結新三」、鰹売りが登場したりして丁度今が季節のお芝居
舞台上では鰹の刺身は羊羹で代用するらしいのですが、甘い物が苦手な役者さんは辛いと聞いたことがあります(笑)
最近は勘三郎さんの新三を観ることが多かったのですが、なんといっても新三は菊五郎さんも得意とするところ。粋でどこか憎めない悪人役が今から楽しみです♪
歌舞伎・文楽 | Comments(6)
Comment
こんにちは♪
菊さん、こんにちは♪

下記の棚場、緑がとっても綺麗ですね~!!!
私の棚場は枯れたようなのが多くて、涙&涙です~~(^^;

ところで、先日TVで歌舞伎座と中村勘三郎さんの特番を観て
ミーハーの私は歌舞伎を観てみたいと、
やっと思うようになりました。(^^;

でも、仙台には滅多に来ないので、
なかなか観ることが出来ません。

なので、菊さんのブログを読ませてもらい、
まずはお勉強しようと思います。(^^

はおとさんへ
■はおとさん、こんにちは~♪

ご無沙汰続きですみませんです~(^-^;)

うちの棚もけっこう枯れがあるんですよ
きれいな緑も梅雨頃までかな~と覚悟はしてるんですが・・・(汗)

特番やってましたねぇ
勘三郎さんちの番組は定期的にやってるみたいです
少しでも歌舞伎に興味をもたれる方が増えると嬉しいですわ(^o^)

一ヶ月の大歌舞伎になると、劇場の設備等で演目に制限があると思いますが、松竹では巡業もやっていて、西コース・東コースの二手に分かれて、各都市を巡業したりするんですよ
松竹のHPで案内があると思いますから、ご興味おありでしたらぜひ~♪

私のブログはあまりお勉強にはならないかもしれませんよ(~△~ゞ
好みが偏ってますから~(汗)
でも、ご質問にはお答えしたいと思いますから、なんでもお訊ねくださいね♪
仙台でも♪
菊さん、ありがとうございます♪

早速、松竹のHPを見てみましたら、
巡業で仙台にも7月9日に行われるようで、
昼の部のチケットを買ってみました~♪

知っている役者さんは、松本幸四郎さんくらいでしょうか。(^^;
でも、とても楽しみです♪
はおとさんへ
■はおとさん、ありがとうございます!(私がお礼を言うのも変だけど~笑)

ほんと素早い反応ですね~~!(驚)
でもブログに書いて良かったと思いました

さっそく私もHPの巡業を確認してきました。一日限定の興行のようですね
これが歌舞伎へのきっかけとなってくれたら嬉しいことです(*^o^*)

勧進帳は幸四郎さんのお得意ですが、口跡がややウニャウニャするところのある人なので、初見の方には言葉がちょっと分かり難い部分があるかもしれませんが、筋はあの通りですから分かりやすい内容です

また音曲は、長唄の中でも名曲中の名曲、とても美しく心地良いものです
勧進帳は舞踊劇ですから踊れない役者にはまず無理で、そういう意味において元来踊りのリズムを持っている幸四郎さんはファンが多い役者さんです。また梅玉さんはベテラン中のベテランで、富樫役はニンですから良い舞台になると思いますよ

勧進帳の見所は多いのですが、一般的にはあまり解説されない部分などを二つ三つ書いてみましょうか(笑)
後半、義経一行が関所を通された後、富樫が追いついて一期の別れにと盃を勧める場面があります。弁慶は大杯飲んで酔ったふりで「(長唄)一度まみえし・・・」と昔愛した女の話などして大笑いしますが、これは弁慶必死の演技で心の中は全く別であり、全神経は義経に向けられています。逃げる弁慶も、それと知りつつ逃がす富樫もどちらも命がけの行為、ということです。良い弁慶にはそれが感じられます

富樫に「一さし御舞い候え」と勧められて弁慶が舞うのが「延年の舞」です。ここから終幕まで急激に早くなります。弁慶は舞いながら一足先に義経一行をそっと発たせるのですが、この辺りは目が離せません(笑)
また、バッタバッタという歌舞伎独特の効果音、「ツケ打ち」と言うのですけど、勧進帳ではツケ打ちは「石投げの見得」という箇所の一度だけになっています。ここも良いシーンですからお楽しみに♪


一幕目の「重の井子別れ」は、昔、雀右衛門さんで観ましたが、子役の三吉が可哀そうで涙が出ました。舞台は御殿風で美しいですし歌舞伎味に溢れた一幕です。不機嫌な姫様は何にでも「イヤじゃイヤじゃ、イヤじゃわいなぁ~」と言うので、通称で「イヤじゃ姫」といわれています(笑)

重の井は三吉に自らが母と名乗れないのですが、芝居の背景には、重の井が城勤めのご法度(今でいえば社内恋愛)を破って子(三吉)を生み、重の井の父がその責任を負って切腹した、法度を犯す罪はそれほど厳しく重かった。また、姫様と我が子三吉(=身分が低い)が乳兄妹と知れると非常に具合が悪い・・・
この点だけ予備知識としておけば、重の井の言動の一つ一つがより深く染み入ってくると思いますよ♪
ありがとうございます!!!
菊さん、ものすごく分かりやすくご丁寧な説明、
ありがとうございます!!!

たくさんご覧になられたのですね~♪

私はとにかく初めての歌舞伎です!

あとで、菊さんが書いて下さったこちらの文章を
印刷して持っていようと思います。(^^

7月のことですが、とても楽しみです♪

■はおとさん♪

そんなに仰っていただいてありがとうございます(*^o^*)

歌舞伎にのめりこんだ時代がありまして、仕事をサボっては連日小屋通いしていました。なんであんなに夢中になったのか分かりませんが、今思えばほとんど病気ですね(呆)
勧進帳は芝居の掛かる回数が多い人気の狂言ですから、だいたいのセリフはいつの間にか憶えてしまいました(笑)

本当は解説などなくても理解できるお芝居でないといけないのですが、古典は昔の言い回しや言葉遣い、独特のお約束がありますから、耳に慣れるまではやや難解なところもあると思います。それで敬遠されがちです(汗)

長唄や義太夫節というのは、役者のセリフだけでは分かり難い話の筋を、音に乗せて説明してくれてるのですが、昔の言葉なのでやはり分かり難いかもしれません
ですので、歌舞伎の中でも特に古典を鑑賞する時は、少々の筋やポイントを知ってのほうが面白く観られると思います

番付(パンフレット)にはある程度の筋書きが載っていますが、言葉に表せない部分を観るのが歌舞伎かなぁと思います。うまく説明出来ませんが、こんなことを書くとちょっとややこしくなっちゃいますね(汗)

「肚芸」ってよく政治家の世界で使われますが、歌舞伎も肚芸を楽しむもの思います。古典独特のピーンと張り詰めた緊張感や独特の間もなかなか良いものです。また舞台の色彩もとても美しいです

私は来週と再来週観劇に行きます♪とっても楽しみ~(^o^♪

管理者のみに表示
« 五月大歌舞伎 | HOME | 新緑 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。