--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/08

見舞い

今日は、先日胆石の手術を受けた妹を見舞ってきました
妹はピンピンしていて、もう何でも食べられるそうで、ビールもコップ一杯ぐらいなら飲んで良い許可が出たとのことですが(ほんまかいな~)、ホッチキスでとめたお腹を見せてもらいましたが、週明けにはホッチキスも外れるそうで、何も心配なさそうです(^-^)

胆のうを取ってしまったからしばらくはお腹の調子も悪いだろうと思って、途中阪神百貨店に寄って、ポタージュスープの詰め合わせ、焼き豚(←消化いいのだろか?妹の好物なので・・・)、チーズケーキとモンブラン、ほうじ茶、クロワッサンなどの食料品を紙袋一杯分買って持って行きました

20091107 (3)

妹夫婦は京セラドームから徒歩数分のところで旦那の社宅扱いのマンションに住んでいます。駅を降りてしばらく阪神高速とJR環状線に挟まれた遊歩道を歩くのですが、じつは私、この辺りには良い記憶がありません。なので妹の家を訪ねるのも今日がはじめてでした

父が亡くなってからもう20年以上経ちましたが、最期を迎えた病院がこの近くで、今回妹が手術を受けたのもたまたま同じ病院でした

京セラドーム(大阪ドーム)の近くに行かれたことのある方はご存知と思いますが、ドームの横に球形の巨大なタンク(ガスタンク?)があります。20年前はドームはありませんでしたが、あのタンクは大昔からあそこにあって、嫌でもあのタンクが目に入る場所を通って父の入院先へ通っていました

父は検査結果が出たときには末期がん余命3ヶ月で、家族の意見は分かれましたが本人には告知し、というか、すでに本人は充分気付いていたので隠すのは無理だった、というのが正しいかも。当時ホスピスの設備が整った病院を自力で探すことができず、父の友人がこの病院の院長と懇意だったので紹介していただき、できるだけ痛みや苦しみを我慢しないで済むようにしていただきました。本当に病院の方々はとてもよくしてくださって、今も感謝しています

入院し始めの頃はまだ父も元気で、趣味の本や習字道具を私に運ばせるのですが、あの巨大なタンクを見ると、真夏の炎天下に硯を持って病院へ通ったことを思い出して、なんともいえない気持ちになるのです

病院は完全看護でしたが、常に母か私が付き添いました。でも父は私の付き添いは不満だったようで、それは私にはトイレの用を言い出せないためとわかり、一度私が「遠慮せんでもええのに・・・」と言ったら、「娘にさせられるかっ!」と怒ってしまいました。それからは母が四六時中付き添って夜は泊まり、私は家と病院を往復するようになりました

私が洗濯物や不要になった物を持って帰るとき、近道なので病院の中庭を抜けて帰るのですが、ふと振り返って病室を見上げると、窓から母が顔を出して手を振ってるんですね。それが・・・いつまでも物凄く手を振るので(汗)、帰り辛いなぁ・・・と思いながら、振り切るようにして毎日帰宅していたのです。私たち家族にとって肉体的精神的に厳しい3ヶ月であったなぁ、と

その後、ドーム球場が出来て、阪神戦もそこでありますんでたびたび行くようにはなり、どうしたってあのタンクは目に入ってしまいますので仕方ありませんが、それでも私はなんとなくあのタンクが怖くって、あまり見ないようにしています(^-^;)

20091107.jpg

妹に持っていったモンブラン、美味しそうだったので自宅用に2個買いました
阪神百貨店限定品ですって♪
すんごい美味しかった~~~満足(*^o^*)


【追記】

あとで読むと言葉足らずだったかも。。。
20年前、ドームが出来る前は、あの辺り、夜は暗くて陰気だったのですね(汗)
夏の日差しが一番きつい時期で、それに母は私の帰宅を引き止めようとするので、いつも帰りは日が暮れてからでした。あのでっかいタンクの横を通る時、ゴロゴロと転がって押し潰されるみたいな錯覚というか、不安だったり心細かったりで疲れていたんでしょうね、きっと
日記 | Comments(2)
Comment
なんだかジーンとしちゃう…

これからも通るたびタンクを見るたび思い出しちゃうんやろなぁ
いい思い出じゃないかもしれないけど
お父さんとの最期の時を過ごした時間なんだし
いつかほんのり温かい気持ちになれる場所になれるといいね

「娘にさせられるか!」なんかわかるぅー
こんなこと言ったらあかんかもしれんけど
菊さんにそういう世話をかけないで終わったのは
お父さんのプライドが保たれてよかったのかもしれない

お母さんは大変だったかもしれんけど(汗)
■にぃにぃちゃん、こんばんは~

母には甘えまくってたねぇ。。。大変やったかもね(^-^;)
父は50代でまだ仕事が現役やったから見舞い客も多かったしね
母がいつもそばにいないと機嫌悪かったよ
夫婦なんだからしゃーないよね(汗)

あのタンクね、ドームが出来たときにお化粧直ししたけど
それまではめちゃめちゃ汚かったんよぅ。。。
はげたペンキが紙みたいにペラペラと風になびいて
夜目に見るとうごめいてるみたいでオバケみたいだった~~(>_<)

あの辺りも随分変わったな~って思うわ(しみじみ)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。