--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/06

3連勝~♪

オリックス4回戦(甲子園)14:00開始
先発:福原×ボーグルソン|スコア:7-0|勝:福原/負:ボーグルソン

tigers_v_20090514211445.gif by Tigers DATA Lab

「連勝」って言葉はもちろんイイけど、「完封」ってイイ響きだぁ~ぷっくりハート
でへへ嬉しい(*^o^*)
もうデレデレ(*^o^*)
でも私、本当は「完封」よりも「完投」って言葉が一番好きなのよ~ぷっくりハート
まぁ、勝ってくれたら何でもいいんだけどね(爆)

早く借金返済して欲しいわ~~
どんどん行こう!どんどん勝とう!\(^o^)/
HANSHIN Tigers | Comments(4)
Comment
完封より完投の方が言葉としてお好きですか

多分菊さんはNPBと仲良しなんでしょう

いまは知りませんけれどもぼくが仕事でNPBの公式記録と深く付き合ってた時期、投手記録に「完封」の項目はありませんでした
「完投勝利」の記録はもちろんありました
つまり9回を投げきって勝ってしまえば失点がいくつあろうが扱いは同じなんですね
そういう意味で菊さんはとても正しい

ただ投げてる側にしてみれば無失点と失点1の間には越えられない壁があるんで、高校の部活レベルとはいえ投手経験がある者として内心忸怩たるものはありますが、記録の上では同じ扱いになるということです

ノーヒットノーランと完全試合も同じで、記録上に「完全試合」の項目はありません
ノーヒットノーランを記録した投手とそのゲームの項目に“*”の印があるだけです

これは完封試合より理由がわかりやすくて、ノーヒットノーランを達成した投手が走者を出すのは四死球か失策か反則しかなく、それは全部自分たちのせいであって、相手攻撃手にはなんら関係がないからです
つまり「〇〇チームはなんとか投手からヒットを一本も打てませんでした」という意味においてノーヒットノーランも完全試合も意味は同じなのです
そこに守備側に一つもミスがないと付帯条項として完全試合になるということですね

なんというか、まあ、そのぉ「豆知識」でした、失礼しました
GMへ
■GM、こんばんは!

「豆知識」どうもです♪

えー、記録関係のことはまったく知りませんです
NPBとも仲良しかどうか分かりませんですが

ただ私は、「9回を投げきる投手」を見るのが好きなのです
計算ずくの投手リレーで完封勝利はそれはそれで面白いですが、一人で投げきった投手が最後の最後に打たれて仮に負投手になったとしても、最大限の拍手と労いの気持ちを贈りたいと思います

GMはよくご存知と思いますが、球場観戦しているときに、投手が完投ペースに入ってゆく時の緊張感というか何というか、表現力がなくて歯がゆいですが・・・そういうのってありますよね。球場の、スタンドの、あの空気が変化していく瞬間にとても興奮するのです

ドカンドカン打つゲームはもちろん盛り上がるし私も好きなんですが、8回9回とマウンドに立ち続ける投手にはいつも感動しますし尊敬します。だから「完投」が好きなんですよ

めちゃめちゃ贅沢な話ですが、今日は大量得点してましたんで、余裕で安心して観てました。ああ、こんな書き方をしたら安心したくないように聞こえないこともないですね・・・回りくどいですがお察しください(笑) ←でも実際そうかも(どないやねーん! 激爆)

2004年と思うけど、甲子園で観た久保田の初完投試合は素晴らしかったです。7回からスタンドの空気が変わったのを肌で感じていました。凄いことが起きそうな予感がしました。オーバーですが・・・
久保田の完投はあの時だけと思います(記憶違いでなければ)。中継ぎに回ってからも、先発に戻ってくれへんかな~と、ずっと思っておりました。それが良いかどうかは分かりませんが。。。

ごちゃごちゃ書きましたがそんな訳で、
「完封」より「完投」のほうが私は断然好きなんですよぉ!!
ええわかりますよ
6回7回あたりになると、少々危なくてもスタンド全体に「行けよ」「代えるなよ」「オレたちが、ワタシたちがついてるぜ」みたいな雰囲気が横溢するんですよね

それは特に高校でやってるときにブルペンでよ~く感じましたよwwwww
ウチは当時としては珍しい継投がウリのチームだったんですが、先発の子がイケメンでねえ中継ぎの子は中田カウス似だったしぼくはこんなんやし
あ、そーゆーはなしやないですね

市岐阜商戦で先発が完璧な仕事をしたんですよ
出し入れもうまかったし、いいストレートを持ってるくせにちょっとストレスを感じる状況になると変化球を投げたがる悪いクセも出ない
なのに7回にぼくからみたらケアレスミスみたいな形で二塁打を打たれて一死二塁になった、得点差は2
そこでサッと監督が交代を命じたときに感じましたよ
「なんだよ~、もっといかせろよ~」みたいな空気

ぼく自身も「きょうはオレのゲームじゃないな」と思ってたんで、慌てて作り直した記憶があります
はい

選択が違うんで結果も違うんですがそういう話ですよね
GMへ
■GM、まぁそういうことです

先を見届けたいと思わせて欲しいですね~
ちょっとぐらい打たれてもかまいませんよ(大きく出たが~!・笑)

まぁ年に何回かシビレさせてくれたら私はそこそこ満足です
とはいえ、勝つための見極めは難しそうです


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。