--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/02

川面

20090601suiseki (1)

ぼちぼち時季なので、風知草2株を全葉刈りするつもりで深夜室内に持ち込んだのに、つい下葉取りに熱中してしまいました

写真の石付は茎数が少なくて直ぐに出来ましたが、やや大株の根洗は結構手間取りました。どうせ全葉刈るのに・・・と思いつつも、サラサラとした風知草の葉に触っていると気持ちが良くて、左手にピンセット、右手にハサミを持ってゴソゴソと・・・気がついたら一時間経過してました

せっかくスッキリしたのだから飾ってみようと思い、久しぶりに水石も据えてみました
石(水石)と石(石付)では取り合わせがなってないのかも知れませんが、まぁこんなところで・・・(^-^;)
「川面」をイメージしたのですが、どうでしょう・・・涼しげに見えるでしょうか

この水石は、はおとさんから頂戴したもので、立てて据える台座がついてましたから、本当は姿石として拝見する石かもしれませんが、いろいろ角度を変えてみるうち、ちょっと寝かせてみたくなりました(笑)

20090601suiseki.jpg

水盤に石を据えるのは、面白いですよ!
どこが面白いの?と聞かれると、どう返事してよいやら・・・ですが、私は出来上がるまでの時間が好きです。石の向きや角度に迷ったり傾きを加減したり、砂を均すのも私にはなかなか難しいですが、その事だけに集中する時間がとても好きです。水石は精神的な部分が大きいのだろうと思います

散々悩んでこのように据えましたが、まだ勝手側を迷っています
草は右からの風を受けているのに川面が左からの風のように見えるので・・・でも反対向きにすると、どうもしっくり来ないので、このようになりました(笑)

403507836_238.jpg  

風知草・・・2年前の植付け時はこんな感じでした
水石 | Comments(10)
Comment
ほっと・・・しました~♪

風知草も涼しげ。
水石はまったくもってわからないんだけど、やさしい景色ですね。
ママさんへ
■ママさん、こんにちは~♪

ほっとしてくれてよかったぁー(*^o^*)
ありがとうございます(笑)

水石の流儀は私も分かってないんだけど(^-^ヾ
遠くの山とか島とか・・・なだらかで優しげな石が好きですよ
こんばんは

風致草は良い感じに仕上げましたね
これならうちの水石展にも使えますよ

添えの水石は、水に関連のある溜まりとか滝石などを添えると
さらに風趣が増しますよ
悠さんへ
■悠さん、こんばんは~

悠さんに褒められちゃた♪
わ~い!わ~い\(^O^)/ ←調子に乗ります(笑)

これは2年前に悠さんのHPに投稿した風知草ですが、憶えておいでですか~
なんだか葉刈りするのはよそうかな・・・と思ってきましたよ(*^o^*)

滝石や溜まり石は、探してもなかなか見つけることが出来ませんが、
それだけ貴重な石なのでしょうねぇ・・・
いつか縁があれば手に入れたいです
こんにちは
川面を渡る風を感じますねー。

うちも今年初めて風知草を育ててるんですが、全葉刈りっていうのをした方がいいのかしら。
根元から葉っぱを刈ってしまうんですか?
(いつも質問ばっかですみません~)
涼しげですね~~
菊さん、こんにちは♪

いつも素敵に飾って下さり、ありがとうございます♪

とても涼しい風が吹いているような。。。
そんな風景が感じられます。(^^

なんか、素敵です~~~!!!(^^
そらまめさんへ
■そらまめさん、こんにちは

だんだん蒸し暑くなってきて、これからの季節は涼を感じる草が良いですね~
風知草は芽出しから冬枯れまで、草姿の変化を長く楽しめるうえに
とりわけ夏は「暑さなんか関係ねえ!」みたいに涼しげなところが良いです(笑)

盆栽をする方は、全葉刈りする方が多いようですね
全葉刈りの目的は、「寸を詰める」と「芽数を増やす」ためです
野紺菊などでも刈ると信じられないぐらい寸が詰まるという話を聞きました
盆栽の添え草にする場合を考えてのことでしょうね
ですので、寸や芽数に満足なら刈る必要はないと思います
この風知草、お褒めいただいたので、刈るのを迷っています(笑)

■全葉刈る場合
・時季はちょうど今が良いと思います(5月下旬頃から~)
・根が育って十分回っている草が良いです(若すぎるのは避けたほうが無難)
・切る位置は、風知草なら地際2cmぐらい(私の場合は、です。正式には違うかもしれませんので、念のためご確認を)
 ただし葦類やギボウシなら地際から地上部全部刈っています(私の場合)
・刈ったからといって、特に病害虫が防げる訳ではありませんが、葉の更新にはなります

以前全葉刈りして、何が悪かったのか不明ながら、復活不能で枯らせてしまった失敗作もありましたので、もし刈られる場合は、他のネットなどでもご確認なさってからしてくださいね~

参考になれば良いのですが~♪
はおとさんへ
■はおとさん、こんばんは

おかげ様で遊ばせていただいてま~っす(*^o^*)

風、吹いてますか~♪
ありがとうございます。嬉しいなぁ!

この次は台座で飾ってみしょかね~(^o^♪
こんばんは
いつもながら、ていねいな解説ありがとうございました。

>根が育って十分回っている草が良いです(若すぎるのは避けたほうが無難)

なるほど、今回はやめたほうが無難ですね。
春に仕立てたものの、葉がほとんど育ってない気がします。
今年は様子をみて、来年挑戦してみます。
ありがとうございました。
そらまめさんへ
■そらまめさん、おこんばんは~

>根が育って十分回っている草が良いです(若すぎるのは避けたほうが無難)
  ↑
このように書きましたが、私は春植えつけたのを刈ったりもしてます(爆)
短い文章で説明するのが難しくて、言葉足らずでごめんなさいね(~△~ゞ
「生育の悪い鉢は刈らないほうが良い」と言いたかったのです

「若い株だけど生育が良い、よく繁っている」⇒「若い株だから芽数を増やしたい」の場合、葉刈りは有効と思います

草の種類にもよりますが、
全葉刈りしなくても、摘心(脇目の直ぐ上で摘む)を繰り返すと、株がカッコ良くなったりします♪
興味がおありでしたら、どうでもよい鉢で試してみてください(^o^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。