--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/12/24

近況

師走らしいことは何ひとつしていませんが、とにかくせわしない毎日です。。。
先月母が退院後してから、すっかり弱ってしまった足腰の体力を取り戻すべく毎日散歩させたり、お風呂や食事の世話に追われ、その合間にバババーっと仕事を片付けるという感じで、アッという間に一日が終わっちゃいます。私のお蔭で(爆)、母は日常生活に不自由のない程度に回復しつつあり、最近は階段の上り下りや入浴も一人で大丈夫ですが、なにぶん高齢ですし頼りない点は少し手助けしますが、大概のことは出来るようになりました。寝たきりにならずに本当に良かったとホッとしています。ただ先日の診察で主治医から「今回のようなこと(緊急入院)はこれからも起こるかもしれない」と告げられてかなり凹みましたが、言われたことは私の胸におさめました。母や妹まで一緒に凹んでも仕方ないですもんね。いまは元気に毎日御飯を美味しく食べられる日が長く続けばそれでいいと思います

今月8日、尼崎の叔母から連絡があり、三重県にいる叔父が倒れたという知らせ。自宅で倒れて救急搬送の途中で呼吸停止(その後呼吸復活しましたが)したらしい。12日に尼崎の叔母と二人で三重に行ったのだけど、許された面会時間は10分だけ、叔父は呼吸器をつけたまま一度も意識戻らず眠り続けておりました。叔父を見ていたら今にも起きだしそうな良い顔色してるんだけど、医師の話では望みはなさそう、親戚中が諦めムードです。母より14歳下で、まだそんな年齢でもないのですが。昨日の電話で容態に変化はないけれど状態はよくないとのこと。明日(もう今日だけど)もう一度、今度は母を連れて叔母と三人で三重に行きます。12日の時は、まだ母に長距離の移動は難しいだろうし無理もさせたくなかったから、行きたがる母をなだめて留守番させましたが、あれからお仏壇の前に座る時間が長くなった母を見ていると、このまま会えないのはとてもむごい気がして、間に合ううちに叔父に会わせてあげたいと思いました。今日母に「どうする?連れて行ってあげようか?」と聞くと「どうしても行く」と言いました。三重なんて、元気な時なら何でもない距離でしたけど、いまは遠いなぁ・・。本当は母を無事に三重まで連れて行ける自信が私にないんですが頑張ります。そんなわけで新年の準備をする気にもなれず、落ちつかない毎日です
スポンサーサイト
日記 | Comments(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。