--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/05/25

着生蘭

fuuran1.jpg

こちらは野生の風蘭の写真です。木の上に根をおろして着生しています。以前なにかの本で読みましたが(記憶が曖昧です。あらためて調べることもせず書くので間違いがあるかもしれませんけど)このような形の着生蘭は土中に根をおろして生きることはないのですね。根に空気中の水分を取り込む能力があるそうです。なので、石斛は水分をためる太い茎を持っていますし葉は皮のようにかたいです。鉢植えにした風蘭の根は空気と水を求めて鉢の外にでてきます(次の写真)

0000-0027.jpg

右の写真、根が暴れていますね。元気な証拠です♪

20140525 (1)

他所からお借りしてきた写真に比べると、私の風蘭はなんとも野趣に欠ける軟弱貧弱な株ですが。。。うちは日照時間が短く風通しも悪い、夏場の蒸れもきついので風蘭には悪環境です。それで、ちょっとでも居心地良くいてもらうために着生させてぶら下げる・・・という作り方をしています

20140525 (2)

この春にヘゴ付にした風蘭です。大きなヘゴ板はけっこう高価でしたので、細いヘゴ棒(安価です)を買い、適当に切ってそのまま使ったり、何本かをワイヤーで束ねて板状にして使っています。本やネットで付け方を見ると「薄く水苔をしいた上に根を広げてくくりつける」と書いてありますが、今の時期にくくるなら水苔はなくてもいいと思います。この時期は根が激しく成長して、どんどん根がヘゴに食い込んで着生します。水苔は着生させるのにかえって邪魔というか、私だけの感じ方かもしれませんがそんな気がしてます。しかしながら、乾燥させすぎるとやはり枯れてしまいますから、水苔をしくのは正しい方法とも思います

上の写真の風蘭は、水苔のかわりに日陰に強いシノブ苔をしいています。水苔のベージュ色があまり好きじゃないので、たまたまあった濃緑のシノブ苔を使ったわけです。その上に根を広げて糸でぐるぐる巻きにしています。秋頃にはかなり活着すると思いますが、念のため来年まで待って糸を外す予定です

20140525 (4)

根が出てきました。根は白くて先端が緑色のものと思っていましたが、右写真のような赤いのも根のようです

20140525 (3)

この2本の枯れ枝みたいなのは、去年の花茎です。切り取らないといけませんね。このように花茎は重なった葉の間から、下から順に上がってきます。一度咲いたら翌年はその上の葉から出てくるようです

20140525 (6)

着生蘭のほとんどは、このように吊り下げて育てています。上段の白っぽい2つはコルク樫の鬼皮に付けたもので、表面の凸凹に根が食い込んでよく育ちます。左から3番目と5番目は石付です。重量の少ない薄手の石を使っています。その他はヘゴ付です。ヘゴは意外と乾燥します。そこが利点でもあり欠点ともいえるかも・・・。ヘゴに付けるときは、下部のほうに僅かながら保水力がありますから、その点を考慮してやや下部に付けると良いと思いますよ

20140525 (7)

小石に生えた苔。見てるだけで癒されます~♪
スポンサーサイト
山野草・盆栽 | Comments(2)
2014/05/23

渋い&可愛い

前々から気になっていた植物なんですけど・・・

20140522 (1)

これ、何だと思います?
ネット購入しましたが、届いて初めて見たときビックリしちゃいました!
これだけを見たら、ちょっと気色悪いですよね(汗)

乾燥してカラカラの状態だとこんな感じにギュッと丸まってカチカチです。冬芽もこんな感じで中央を守りながら丸くなって冬眠しちゃうらしいんですよ。春になったら一雨ごとに展葉する・・・と本にあったのを読んで興味津々だったわけです。古典植物として葉芸品愛好家も多いそうですが、私のは入手しやすい一般的な普通種です

20140522 (3)

それでもなんだかはまってしまいそうな予感がして長年敬遠してましたが誘惑が凄くって・・・っていうか、ただ単に欲しいだけなんですが、とうとう手を出しちゃいました。どうせなら・・・ということで、どっさり買い込みました(爆)

軽石に植えつけてみました。たっぷり潅水して・・・

20140522 (4)

逞しいですね~。一晩おくとこんな感じにパッと展葉しました!
岩ヒバで~す
ジッと見てると、渋いわりにカワユイ草って感じがしてきましたよ(笑)
所属はシダ類でいいのかな?(誰に訊いてるんだか・・・)

岩ヒバは面白い植物で、茎はなくて葉の下はすぐに根塊です。外側の葉っぱが枯れると根になっていくらしいんです。この根塊に石斛を着生させるととてもよく育つそうなんです。私は以前羽蝶蘭をやってましたが、管理が下手なせいで球根を維持するのが難しくて、いつの間にか消えてしまってたんですが、岩ヒバの根塊に羽蝶蘭の球根を埋めておくと、管理が簡単で放置してもやはりよく育つと何かで読んだことがあります

20140522 (5)

さっそく岩ヒバの根塊に石斛を付けてみました。今年最後の白花が開花中・・・付けたてで不細工ですが、早く馴染んでうまく育つといいなぁ

20140522 (2)

麦蘭に小さな蕾発見!
虫メガネで探さないと見つけられないぐらい小さいです。2ミリぐらいかな・・・咲いても地味~~な花ですが、一度見てみたかったので、見たら気が済むと思います(笑)
山野草・盆栽 | Comments(4)
2014/05/18

クレマチス

20140518.jpg

地味~~にクレマチスが咲きました
名前忘れちゃったなぁ・・・テキセンシス系のクレマチスだったかな

何年も前、我が家の環境も考慮せずにクレマチスを植えまくった時期がありました。うちのクレマチスは確実にうどんこ病になってしまい薬も効かず片っ端から枯れてしまいます。やはりクレマチスにはそこそこのスペースなり日当たりなり風通しが必要なのですね。どうしてもモンタナ系クレマチスを咲かせたかった私は、「ああ、日当たりのいい垣根が欲しい・・・」なんて何度も妄想しました(汗)

この半鐘蔓のような形のテキセンシス系は丈夫な種類なのでしょうね。これも夏場にうどんこ病にかかるんですが、株自体を失うことはなくて、春になると展葉してくれます。もうずいぶん長い間植え替えていません。大きなテラコッタの中はたぶん根鉢でガチガチのはず。それを思うと“分かっちゃいるけど及び腰”な私です(ごめんなさーい!)
山野草・盆栽 | Comments(2)
2014/05/05

苔玉など

先日、蘭類をヘゴ付けするのに、水苔の代用として(水苔を使うのがあんまり好きじゃないので)天然のハイゴケ一箱とハイゴケよりも日陰に強いという天然のシノブゴケ一箱、計二箱を買いました。どうせたいした量は入ってないだろうと思ってましたが、びっくりするぐらい沢山の苔が届きました。苔玉でも作らないと、とても消費できる量ではありませんので、セッセと苔玉作りに励みました(笑)

よく販売されている「苔玉キット」には、シート状に加工されたハイゴケが入っていますが、今回届いたのはあれよりもうんと扱いやすい苔で、マット状になってますからスイスイと簡単に苔玉ができました。素材にした草は、鉢植えでは生育不良だったりパッとしない草とか処分対象ばかり(汗)、あとは切っても切っても生えてくる雑草みたいなシダ類ばかりなので、鉢数も減らせるし枯らしても惜しくないので一石二鳥というわけです(笑)

20140505 (4)

こちらは名前を忘れましたが升麻です。何年も枯れずに春になると展葉しますが鉢植えでは見映えがしませんので苔玉にしてみました

20140505 (3)

こちらは梅花碇草と蛇苺です。梅花碇草の小鉢に蛇苺が飛び込んだものですが、ついでに雑草も飛び込んでいて、ほとんど家主が雑草に埋もれて駆逐されかけてました(汗)

20140505 (2)

こちらは小さな苔玉。左からスミレ、キシュウオギ(かな?)、名前不明のシダふたつ

先日よく行く小料理屋のママさんに苔玉をあげたんですが、ついさっきママさんから「お客さんに大人気でみんなが可愛い言うて欲しがるねんわ。作ったってもらわれへんかな~」と嬉しいお電話。いくついる?と訊ねたら「今んとこ7個あれば・・・」らしいです。こういうものは作っているときが一番幸せなので喜んで作らせていただきまっす!(笑)

20140505 (5)

早咲きの石斛はもう花が終わりましたが、こちらは咲きはじめ

20140505 (6)

去年からぼちぼち咲くようになりましたが、去年より蕾が多かったです

20140505 (7)

こちらは私の一番のお気に入り。シュッとした花姿で香りも最高です!

20140505 (8)

毎年必ずどこかから咲いてくるカナダオダマキ

20140505 (1)

立浪草もいろんな鉢のどこかからちょこっと顔を出します
今の季節は葉っぱが綺麗ですね~
まだ出てきたばっかりで虫にも食べられてないし、まっさらですもんね

山野草・盆栽 | Comments(2)
2014/05/03

らんらんら~ん♪

もともと着生蘭の石斛(せっこく)が好きで育ててきましたが、ただいま私はいまだかつてなかったほど野生蘭にはまってます。植木市に行っても野生蘭しか目に入りません。マニア心を刺激されております♪

ヘゴ付けにしてぶら下げられるし、置き場が狭い我が家にはピッタリです。それになにより手間いらずで私向きです(笑)

20140503 a(2)

この春付けたものです。左から、麦蘭ヘゴ付、麦蘭石付、樫の木蘭コルク付、シシン蘭ヘゴ付、風蘭ヘゴ付。右の琉球石化は去年の植木市で購入したものです。気難しい品種もあるのですが、どうしても誘惑に勝てずダメもとで付けてみました

20140503 (6)

こちらも栽培困難かも・・・と知りつつ、ナギ蘭を植えてみました

20140503 (1)

こちらは、前々から欲しかったオサ蘭です。やっと入手できました
7寸鉢でけっこう大株です

20140503 (7)

小さい鉢のオサ蘭です。咲くかな~(謎)

c249768979197c3865c0c20685eee2cc.jpg

他所からお借りしてきたオサ蘭の写真です。も~~~めっちゃ可愛い!!
こんな写真を見たら、どうしても欲しくなっちゃいますもんね(笑)

20140503 (4)

石斛の石付2種です。麦蘭やマメヅタ、シノブと合わせました

20140503 (3)

左はヒモ蘭、右はシシン蘭の石付です。シシン蘭は絶滅が危惧される種類らしいですけど、こちらは栽培品なのでセーフです。がんばって育てなくっちゃ

20140503 (5)

マメヅタにハート葉を発見!!
山野草・盆栽 | Comments(4)
2014/05/01

お気に入りが~(涙)

新パソになって一ヶ月、不慣れでもたもたしつつも、まぁなんとかゴキゲンに使っていたのに、エクスプローラーがなんちゃら(謎?)で使うな、と。そんなニュースを見たらもう怖くってパソコン開けるのをためらってましたが、ネットでお買い物中だったりメールが気になったりで、いつのまにかパソなしで暮らすのが難しくなってるんですね。。。

設定してくれた知人に訊いたら、今はやっぱり使ってはいけないと言われ、とりあえずブラウザ変更してみました。またまた慣れないので使いにくいわー。。。

「お気に入り」はどこ行った???(爆)
ん~~~、どこに行ったか分からんので、頼りない記憶でポチポチ検索したりして。疲れるわー。。。
日記 | Comments(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。