--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/01/26

読書

2013books.jpg

去年は「ミレニアム」にすっかり夢中になりました!
全6冊、結構なボリュームでしたが、読み始めるとあまりにも面白くて、残りページが少なくなってくるとなんだかもったいなくて、ちびちび読んだりもしましたが、結局2週間ぐらいで読み終えました。著者がすでに故人ということで、続編がないのは本当に残念に思います

私が普段読むのは時代物の歴史小説や、せいぜい昭和のまだまだ人がスローだった時代のものが多いですので、本の中でパソコンや携帯を駆使する人たち(現代では当たり前といえば当たり前すぎますが・・)に最初はついていけず、
じつは軽~くカルチャーショックでした(汗)
ま、そんなことはどうでもいいので、とにかく面白い本でした
楽しかった~~素晴らしい

ところで私、昔からですが、本を読むのはたいていベッドの中です。電車やバスとか喫茶店でとか、自宅でも椅子に座ってとかだと読めないんです。気が多いのかな・・・すぐに他のことに気をとられたり、どうでもいい用事を急に思い出してしまったり、集中力ないんです。「あんたは子供かっ!」って言われそう(汗)
用事が全部済んであとは眠るだけ状態だと活字がスイスイ入るんですけどね。活字がないと眠れないほうですが、本が面白すぎても眠れなくて困っちゃいますね(笑)
スポンサーサイト
日記 | Comments(4)
2013/01/17

風邪ひいた

14日の夜に、のどがイガイガするなぁ風邪かな?、と思っていたんですが、たいしたこともなさそうなのでパブロン飲んで寝て、翌15日は普通に仕事もして寒いし夜はお鍋にして・・・でもどうにも食欲がない。それでまたパブロン飲んで9時頃に早寝したまでは良かったのですが、12時頃トイレに行こうとベッドから降りたら足がヘナヘナで力が入らずペタンと座り込む始末。でもトイレは待ってくれないのでフラフラしながら立ち上がり、階段は尻餅をつきながら一段一段という感じで下りてトイレにたどりつきましたが、今度は階段を上がろうとしたら足が重くて重くて、這うようにして寝室のベッドに倒れこみました

チェストの引き出しから体温計を取り出して測ってみると、なんと40度!!
体温計が壊れたのかと思って再度測っても、やっぱり40度!!

もう動く気力もなくなって、向かいの部屋で眠っている妹の携帯に電話して「40度あるねん。アイスノンとお茶2本持って来て。インフルかもしれんから部屋に入らんほうがいい」と伝えましたが、まぁそこは身内ですから、枕元まで来てくタオルを巻いたアイスノンを置いてくれたり世話を焼いてくれて「他に何かいるかな。夜中もかまへんからいつでも呼んでや」と優しかったです

でもその夜は全く眠れませんでした。高熱でしんどいのはもちろんですが、猛烈にのどが渇くのでお茶をたくさん飲みますから、当たり前ですけどすぐにトイレに行きたくなるんですね。全部で3リットル以上飲んだように思います。トイレが遠い~~って感じでした。それに納期のせまってる仕事のことが気になりました

たくさん水分をとったのが良かったのか、16日朝には38度になっていました。まず最初に取引先の担当者に電話。事情を話して納期が予定より遅れそうなことを伝えたら、快く「いいですよ!1週間ぐらいの遅れなら大丈夫です」と言ってくれたのでまずは安堵でした

さて、病院ですが、いくら嫌いでもインフルだと行かないわけにもいかず、ときどきお世話になる家から一番近いクリニックに母に付き添ってもらって行きました

インフルって鼻水で検査しますよね。ところが先生は「あれ?インフルエンザとちゃうなぁ」と。ただ、40度の発熱が気になるらしく「風邪の他に原因あったら大きいとこへ行ってもらわなあかんから、血ィだけ採らせてな(ベタベタな大阪弁)」と仰る。そのうえ「明日の10時には結果出るから10時に来てや、もし他(大きいとこ)の検査が要ったら午前中に看てくれるよう紹介状書くから」などと脅します

いや、先生が私を脅すのも無理ないんです。しんどかったり痛かったりしたらお世話になるのに、検査をすっぽかすこと数知れず(汗)。「今日はおしっこだけとっとこか」と言われて「今でーへん・・かも」と逃げたり。で、ほとぼりが冷めた頃、またどこかが痛くなってお世話になるというあんばいで、先生からすると極めて不真面目な患者と思われてるはずです。過去10年間に、そのクリニックで何度か検査を受けていて、私は肝数値(心臓も)に問題があるので、いろいろ注意は受けたり、もっと精密な検査を受けるよう勧められてもいました

とにかく、指定された今朝10時、また母に付き添われて行きました。先生、検査表を示しながら、「う~ん・・・ただの風邪やな。この血液検査が役に立ったのかどうなのか」と苦笑されました。あらたな病気は発見されなかったものの、私が密かに危惧していた通り、もともと高かった肝数値が一年前よりかなり悪化しておりました。他にも悪い数値がドドドーっとあり、検査結果をもらって帰宅しましたが、もう見るのも嫌です(涙)

あらためての検査は風邪が治って体調の良い時に・・・ということになりました。今度すっぽかしたらもう見捨てられるかもしれません。ああ、検査は嫌やよ~~。往生際が悪いとお笑いください(泣)

先日うちの妹は、頭痛がすると言いながらも、パクパク御飯を食べてビールもガンガン飲んでいたので、たいしたことないのかな~と思っていたのに、翌日は会社を休んで脳専門病院をネットで探してSRI検査を受けたそうで、「別にどこも悪なかった。ただの頭痛だった。もう治ったわ」とケロッとしながら帰ってきました。私にはできない芸当です。まずは頭痛薬で様子を見てダメなら病院というのなら分かるのですが、いきなり大袈裟な検査を受ける気持ちがわかりません。それだけ自分を大切にしているってことなんですかね。心配で看てもらう人にケチをつけてるようで悪いですが。まぁ、それが安全で正解なんでしょうけど

グチグチと書いてますが、風邪のほうは注射と薬が効いたようで、今は熱も平熱近くに戻り呼吸も随分楽になりました。くしゃみと咳で腹筋が痛いです。思ったより早く治りそうですが、仕事の心配がなくなったので、せっかくですからゆっくり休むつもりです。というか、新年早々顔がかぶれるし、こんな風邪をひいてしまうし、連休多いしで、ほとんど働いておりませんが(汗)

母はインフルエンザの予防接種はしていますが、風邪をうつしたらたいへんなので、私はあまり寝室から出ないようにしています。妹は今日からしばらく旦那の赴任先へ行ってるのでしばらく気楽な二人暮しです。私が病気になると俄然元気になる母。耳が遠くなってるのに、今は急によく聴こえるようになったと言うのだから笑っちゃいますわ
日記 | Comments(2)
2013/01/12

抱かれるような?


まるで便座のような形ですが、“抱かれ枕”というのだそうですよ

20130111.jpg

持病の頚椎痛は相変わらずで現在は小康状態ですが、悪化する時は突然で長引きますからいつも冷や冷やものです。せいぜい気をつけようと思っても、日常生活の動作じたいが考えてみれば首によくないことが多いのですよね。去年からは五十肩(嫌な病名だ・・)も加わって、痛いものだから右肩を下にして横向きで眠る癖がついちゃいまして。起床時に右肩が痛かったり痺れたりするようになってきました。なにか横向き寝でも楽な枕はないかな~?と探してましたが、前々から気になっていた“抱かれ枕”を一度使ってみることにしました

私が買ったのは、数種類あるラインナップのうちの“アーチピローDUO”
ご興味ありましたらこちらがHPです →

使ってみた感想は、確かに横向き姿勢が楽でした。まずまずOKという感じです。頭部があたる部分は私には高さ調整が必要かなと思いました。付属品に高さ調整用の小さなパーツがありましたので、それで微妙な点は改善できそうです

これまでに、かなりの種類、かなりの数の枕を使ってまして、あまり枕に多くの期待を持てなくなっているんですが(汗)、それでも合わない枕で一晩でも無理したらたちまち頚椎に響くので、最低限でも頭と首に合う枕はやはり私にとって必要不可欠なんだろうと思います

246740118_6a.jpg

こちらは最近まで使用していたドイツ製のラテックス枕です。これは結構良くて2個購入して長続きしました。価格は抱かれ枕と同じぐらい。やはりどんな枕も使っていれば劣化してきますからちょっと合わなくなってきたんですね。この深い切れ込みが良かったみたいで最初はこれと同じ枕を探しました。でも穴の空いたラテックス枕はたくさんあるのに、切れ込み入ったのを見つけることが出来ず、抱かれ枕を使ってみる気になったという訳です。せっかく買ったんだから長続きしてくれるといいな~なんて思います

しかし、腰痛用ベッドマットレスの上にムアツ式マットを重ねて抱かれ枕って・・・加速度を増しながら老体にまっしぐらな気がします。。。(>_<)
日記 | Comments(2)
2013/01/04

新年

あけましておめでとうございます

旧年中はたいへんお世話になりありがとうございました

本年もどうぞよろしくお願い申しあげます




・・・・ところで
新年早々お見苦しい話で恐縮ですが(汗)
この年末年始ほど私にとって最悪な年はありませんでした

12月28日午前中に年内の仕事をなんとか終えてホッとしていたのですが、朝からなんとなく気分が優れず、最初は左眼の涙が止まらなくて、ほとんどコントロール不能の鼻水みたい(汚くてスミマセン!)にダラダラ涙が流れるのです。あの鼻涙管閉塞が悪くなって炎症を起こしてるのかな?と思っていましたが、夕方には右眼がチクチク(チカチカではなくて)してきました。かゆみが強いので我慢しながらもこすってしまうという感じで、夜には眼の周辺が真っ赤になってしまいました。それでもまだ、ここんとこ忙しかったから休みに入って気がゆるんだのかなぁ、疲れが出ちゃったかなぁ・・程度に思っていてその日はそのまま眠りました

ところが翌日起きてみると、顔中が腫れて前日よりも真っ赤で湿疹も出ていました。なんでそうなったのか分かりませんが、何かにかぶれたみたいになっています。額や首や耳たぶの裏にまで、ようするに首から上の殆どの全体とあとは手の甲に少しだけ、湿疹が拡がっていました。病院も休みだしどうしよう・・・心当たりもないし不安で一杯になりましたが、あまりに痒いのでとりあえず湿疹かぶれの市販塗薬が3種類ありましたので塗りましたが、皮膚の表面に傷がついているせいかとても沁みて痛いし、それでも我慢していましたが、沁みる=みるみる腫れる、という状態でしたので、すぐに洗い流してしまい、3種類とも同様でした。皮膚は痒くて熱くて腫れているのにつける薬もなくて情けなくなりましたが、何も塗らずに冷やすぐらいしかありませんが、治まるどころかどんどん酷くなるようで激しく凹んでしまいました

今日現在は、肌はズタズタのボロボロのカピカピながら一段落して、クリーム状の塗薬なら沁みなくなりましたが、液体状の例えば化粧水のようなものはまだ沁みるので怖くて塗れません。まだ腫れは眼の周辺に残っていて湿疹の出たところには痕が残って見苦しいですし鏡を見るたびに激凹みです(涙)
もともとたいした顔じゃないけれど、日頃はわりと真面目に手入れしてちょっとでも加齢に抵抗しようと頑張っていたのに、努力も一瞬で水の泡という感じで、元に戻るかしら・・・不安です。そもそも何に反応して湿疹がでたのやら・・・さっぱり分からず腹立たしいです

そんな訳で、年末年始はどこへも出かけられませんでした
29日は年内最後の飲み会を予定していましたが中止。じつは私はすぐに治ると思っていたのでギリギリまで参加するつもりでいて母に止められて諦めたのですが(汗)
お正月2日の新年会も欠席(悲し~)

でも飲む約束をしていた友だちが、遠慮がちに「お見舞いに行こうか?」と言ってくれたので、「来て来て~!お酒だけはたっぷりあるからうちで新年会してくれたら助かるわぁ!」となって、急遽うちで宴会となりました。友だちは私の顔を見て「まぁぁぁ!!!」と驚きましたが、気楽な間柄なので私は見られてもヘッチャラだし、わざわざ来てくれたことが嬉しかったです

年末から私がこんな状態でしたから、特に正月料理の買出しや準備もしてませんでしたから、食べ物はまぁ普通の料理で、急いで母が近くで買い足したお惣菜などでしたが、たくさん飲んで食べて遊んでもらって、この休みの間で唯一楽しい日でした

2013-01-04.jpg

お酒だけは早くから準備していたのでたっぷりありました
正月用に用意していたのは、この3種類
 1 兵庫県 奥播磨 純米おりがらみ生原酒
 2 奈良県 篠峯 凛々 純吟うすにごり生原酒
 3 福井県 舞美人 純米うすにごり生原酒
うすにごりの3種類を呑み比べるという趣向でした
1は普段でも好きでよく呑むさっぱりスイスイ系、1、2、3、の順で重めでした

2013-01-04 (1)

冷酒用の地炉利(ちろり)です。中に氷を入れる仕切りがあって、暖かい部屋でもカチーンと冷えたお酒が楽しめるというわけです。前々からガラス製の地炉利を探していました。土瓶型のずんぐりした地炉利はどこでもよく見かけるのですが、私は薄平たくて瀟洒な雰囲気の地炉利が欲しかった。やっと気に入る形の地炉利を見つけました。蓋と持ち手は銀製で彫物が入っています。やや高価でしたが迷いませんでした。良い買い物だったと思います~満足です(^-^)v
日記 | Comments(8)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。