--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/07/29

壊れました

蓋を開けてガビ~ン・・・御飯が炊けてない(>_<)
ちょっとは炊いたみたいなんですけど、途中で力尽きてしまったという感じで、仕掛けたお米は芯の残ったお粥状態でした
魚沼産コシヒカリが~、、、もったいない(そっち?)

昨日壊れた炊飯ジャーはかなり昔の旧式のやつでまだまだ使えたんですが、10年ぐらい前に高機能炊飯ジャーのハシリが出た時にどうしてもそっちが欲しくなってしまい、旧式にはご引退いただいたんですが、当時の高機能ジャーはデリケート(たまたまそういうのに当ったのかも?)だったのかして、たった数年で壊れてしまい、旧式再登場で使い続けてましたから、そうとう働いてもらっていました。御苦労様でした

とはいえ、御飯はすぐに要りますから、とりあえず羽釜で炊いたんですが、これがもう暑くて暑くて堪りません(汗)

やっぱり炊飯ジャーはすぐにも必要と思って、でも月末でお店に見に行く時間もないしで、アマゾンで物色しました。いろいろ見てると最新の高機能炊飯ジャーって凄いですね~。お値段も凄く高くてビックリでした。使いこなせないのを買っても勿体ないと思うものの、そこそこいろいろ使えるのは欲しいし、内釜土鍋コーティングって魅力的だし、価格は安い方が良いし・・・
ということで、こちらのタイガーのIH炊飯ジャーにしました。リニューアル前の型番なのでお値段3分の1でしたが、機能や消費電力は新タイプとほぼ同じでお得に思いました

41w2An3kZYL__SL500_AA300_.jpg

なんと土曜日の午前1時頃発注で、当日午後には届きました(早っ!)
どういう仕組みの配送になってるんですかね?
早く届いたんだから良いですが~♪

ところで我が家ではよく使う羽釜、炊き込み御飯のときなんかによく使います。今度の新しい炊飯ジャーは良く出来てるので、これから羽釜の出番は少なくなると思います。私が高校入学前までは、御飯を炊くのが私の仕事になっていて(飯炊き子供?)毎日羽釜を使っていました。父が“電気で炊いた米は嫌だ、絶対食べんぞ!”などと頑なでしたから、羽釜で炊いた御飯をおひつに移す、という古くさいことを毎日やっていました。普通は娘にやけどしそうな用事はさせないと思いますし、当時は御飯炊きがとても嫌でしたねぇ。高校に入って帰宅が遅くなるようになって、やっと飯炊きから開放された時は嬉しかったです。母は再び自分が炊くことになってブチブチ文句言ってましたが(笑)

父が亡くなって一番最初に買ったのが炊飯器で(爆)最初は味になかなか慣れませんでしたが、便利なので羽釜に戻る気には全くなりませんでした。それより、今どきの炊飯ジャーは本当に凄い!!と、時代遅れの私はビックリしています
スポンサーサイト
飲むとか食べるとか | Comments(2)
2012/07/27

うなぎ到着!

「25日にうなぎが届きますからね~」と言われて
わぁ~い!ありがとう♪うなぎ久しぶり~~(^o^)と喜んで
吸い物にするアサリはいつもは買わないような特大サイズの貝にして
鰻様用に魚沼産こしひかりを用意したり(2kgだけ)
普段は絶対買わない奈良漬まで揃えましたが
首を長~くして待ったのに、ぜんぜん届きません。。。
「遅いなぁ」と言いつつ、五十日で道路が渋滞してるんかな?とか
配達先が多いから遅れてるんだわ、とか話してましたが
外が暗くなったところで、今日はもう届かんのね・・・と諦めました

自分で注文した品物なら、控えを見て問い合わせることも出来ますが
贈り主さんに「届いてません」とは言いにくいので
どうしよう・・・と話してましたが
もしかしてうちに届くはずのうなぎに何事か起きてたら大変だ!(大袈裟~)
なので、贈り主さんに「届かないのよ~・よよよ(>_<)」と電話したら
すぐに調べてくれましたが
配達トラブルというか、どうやらうなぎが迷子で行方不明になったらしい
行き先の違うトラックに乗っちゃったのかなぁ(謎)

まぁ、いろいろありまして、うなぎも思いがけず遠くを旅したようですが
26日朝一のクール便で我が家に到着しました

20120726unagi.jpg

去年届いたのが浜松産でしたので、今年もてっきり浜松産と思っていましたが、愛知県の三河一色産と書いてありました。知りませんでしたが、静岡より三河一色産のほうが生産量が多いそうで、使用する水質で天然に近い味が出来ると評価が高いそうです。私は養殖と天然のお味がどう違うのか分かりませんが、とっても美味しいうなぎでした。ごちそうさまでした~☆
飲むとか食べるとか | Comments(5)
2012/07/22

梅薫子

先日、NHK「ルソンの壺」で、こちらのお菓子工房の社長が出演されてたのを見ました。社長のこだわりをさんざん聞いているうちに、もうこちらのお菓子が食べたくて食べたくて堪らなくなりました(笑)

西宮・甲陽園のお店は毎日長蛇の列で大賑わいらしいです。店頭ではシュークリームやショートケーキが人気のようですが、取り寄せ可能なのは焼き菓子のパイやタルトやクッキーなど。焼きあがった当日分をクール便で発送してくれるとのこと

20120720.jpg

で、注文から5日目に届きました~♪
ヨッ!待ってました(笑)

20120720 (1)

注文したのは夏季限定のお菓子「梅薫子パイ」です
蓋を取った瞬間、フワ~っとひろがるバターのかおり・・・
材料の一つ一つが厳選素材だそうで、社長はご自分が納得したものだけを仕入れて費用はお金に糸目をつけないという我儘ぶり、このパイの中には大粒の南高梅を甘酸っぱく煮たのが入っています。食前に常温に戻すのが良いと注意書きがあり、そのようにして食べました

20120720 (2)

いや~、美味しかったですね♪
お味は素直で素朴、爽やかな正直者という感じ。本当は複雑な味なのかもしれませんが、母と妹も「うわ、美味しっ!」と・・・もくもくと食べてました(笑)
私もデコレーションに拘る最近のケーキよりも、こういうお菓子のほうが好きです

また取り寄せたいな~(^-^)v
HPはこちら ⇒ 
飲むとか食べるとか | Comments(4)
2012/07/21

ゆかたのリフォーム

20120720 (3)

こちらは、20年ぐらい前に買ったゆかたを数年前にリフォームしたものです。写真では黒っぽく写りましたが、淡い藤色からやや濃いめの紫色のグラデーションのボカシ(ボカシ染めの上に絞り染めをした・・いや、その反対だったかも)ちょっと手の込んだ絞り地だそうです。今は無き天満橋の松坂屋で一目惚れしたゆかたでした。店員さんの話では手絞りとのことでしたが、見る目がないのでよく分かりません。とにかく好きな色目でしたので衝動買いしてしまいました

当然ながら最初はゆかたに仕立てましたが・・・すぐに後悔(>_<)
店頭の鏡で反物を合わせた時は自分に合ったはずだった(と思った)のに、仕立て上がったゆかたに袖を通したら「あかん・・・似合わん」と瞬間的に思ってしまいました。こういう淡い藤色って色白の人に向くみたい。色黒の私が着ると、よけい顔が真っ黒くなって、輪郭もボケてしまって、なんだかとても情けないのです(涙)
それよりなによりこの色はとても膨張して見えるのです・・・無残(悲)

一度は着ましたが、それから全く出番なし(>_<)
誰かにあげるのも・・・その人がすごく似合ったら悔しいし(汗)
そのうち箪笥に仕舞いっ放しで忘れていましたが、数年前に急に思い立って洋裁店に持ち込んでシャツに仕立ててもらいました。日除けジャケット風にふわっとラフに羽織りたかったので、依頼したのはボタン大きめ、胸ポケット二つ(下にポケットをつけると型崩れしそうだから)、サイドスリット深め、あとは柄合わせでした

柄合わせについては可能な限り合わせてくれたようです。ポケットの形と位置が野暮ったいですが、柄合わせを優先したらこのようになるかな、と思います

20120720 (4)

しかし、ゆかたをシャツに直したところで、もともと地黒の顔は絶対に白くは見えませんし、相変わらず膨張色ですもんね。それでなくても色に関わらず膨張してるのに(爆)

インナーにネイビーや黒や白を持ってくるとちょっとはスッキリ見えそう・・・
まぁ、ゆかたのまま置いておくよりは出番が増えたということで(汗)
日記 | Comments(0)
2012/07/16

ゆかた [追記あり]

すっかり存在を忘れていましたが、箱の奥からゆかたが3枚出てきました

入会していた後援会が七月歌舞伎のボランティアをしていて、毎年熱心に参加してたものですから、ゆかたも数が必要になってきて、十年以上前に7~8枚買い足した時の残りです。作った記憶はあるのですが、着ないまますっかり忘れておりました

着れそうなものはあるかな~と広げてみたところ、仕付け糸は付いたままで綺麗ですけど、どうにもこうにも今の私には派手すぎる(汗)
十年前はこれを着るつもりで買ったのかぁ・・・と今更ですが思います(>_<)

20120716.jpg

このちぢみみたいな縞はけっこう記憶があります
くすんだピンク色。素材の麻のシャッキリ感が気に入って、色違いのベージュ縞と2枚買いました。ベージュ縞のほうは現在も着てますから憶えていました。ピンクはどうして着なかったのかな・・・当時もちょっと派手と思ったのかもしれません
着とけばよかった・・・今じゃ完全に派手すぎて着れません(涙)

20120716 (2)

こちらのゆかたは全く記憶がありません。なぜかというとあまり私の好みじゃないからです。多分細く見えることを狙って買ったのでしょう
まぁ、そんなところです(ミエミエや・・・)
藍は好きですし蝶々模様は可愛いんですけど、やっぱ派手~
着る勇気、ないわ~(>_<)

20120716 (1)

どうにか顰蹙かわずに着れそうな地味系のゆかたはこれぐらいかなぁ
変り織地で生地は凄く薄くて涼しそうです
ちょっとモダンな柄行ですが、なぜこれを買ったのか全然分かりません(汗)
10年経つと好みも変っちゃうのかなぁ・・・


[追記]
そらまめさん、真ん中のベージュが一番上のピンクと色違いなんですよ

20090814233430a01aa.jpg
日記 | Comments(4)
2012/07/13

有田焼 呉須模様

arita-mijin.jpg

先日高島屋で買ったもう一枚のお皿のお披露目をしようと思いましたが、ピンボケ写真でこれじゃなんだかよく分かりませんよね(汗)
箱書きは『有田焼みじん松竹梅角盛皿藍楽』となっていますが、一般的な呉須模様の角皿で一辺が八寸ぐらい、使いやすい大きさです。『みじん』は細かい模様という意味の『微塵』のようです

欲しいな~と思うのは、きっちりした絵付けの蛸唐草や丸紋繋ぎの祥端などが好きですが、コレいいなぁ~と思うのはお値段がそこそこ張りますもんねぇ・・・
ちょっと無理なので見るだけです(笑)

お皿の上は、大根おろしで隠れてしまいましたが牛ヒレ肉のタタキです
直火でお肉を炙るだけなので超簡単な手抜き料理(笑)
奴ネギと青ジソを散らしてポン酢で食べます
モミジでも柚子胡椒でも、どちらとも相性良いです。冷酒にGood~♪

肉のタタキは、オニオンスライスと揚げたニンニクスライス、オリーブベースのドレッシングでカルパッチョにしてもけっこういけますね~
飲むとか食べるとか | Comments(4)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。