--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/31

木萩(キハギ)

20100530 (8)

今年はたくさん花がつきました♪
ピカピカの鉢が気に入らなくて
赤松を植えるつもりでとって置いた素朴な鉢に慌てて鉢替えしました
あまり馴染んでいませんが、とりあえず・・・(^-^;)

スポンサーサイト
山野草・盆栽 | Comments(0)
2010/05/31

石斛の高芽とり

石斛の高芽は何らかの事情で、本来は花芽になるはずだった芽が葉芽になってしまったものです。何らかの事情というのは幾つかあるようですが、私のように過保護で水遣り過多だったりしますと、高芽がよくつくらしいです(汗)
でもこれを取り外して植え付けておけば簡単に育ちますので、増やすには良い方法かもしれません

高芽がつくのはあまり好ましい状態ではないそうですが、もし高芽とりが出来るなら簡単ですのでお勧めします

20100530.jpg

写真中央が高芽です
茎が約3cm、根も良く伸びていて、ちょうど取り頃です

20100530 (1)

指先で簡単に外すことが出来ます。外した高芽です

20100530 (7)

根を水苔に包んで、小さい素焼き鉢に押し込めば植え付け完了
鉢は出来るだけ小さいものを選んだほうが成績良いです
直接ヘゴ板やヘゴ棒にくくりつけても、今の時期なら着生OKです

秋の高芽とりは、いきなり着生させるよりも、鉢で育ててから翌年の5月以降になるのを待って着生させた方が確実ですのでご注意を~♪
山野草・盆栽 | Comments(0)
2010/05/31

石斛(セッコク)

早咲きの石斛(例年3~4月開花)が、今年は咲かないなぁ・・・と思っていたら、遅咲きの花(5月開花)が終わった今頃になって花盛りになりました
季節が変なんでしょうか?

20100530 (2)

↑こちらは石付にした石斛です
シノブとマメヅタを絡めてあるのですけど、水を切ったためにシノブの葉が落ちてしまい、かろうじてマメヅタが少々残っています
写真がヘタですが実物のほうが綺麗です(汗)

20100530 (3)

↑今まで全く咲かなかった斑入種にも少しですが花が来ました
来年は期待できそうです(かな??)

20100530 (5)

↑こちらも今まで全く咲かなかった石斛ですが、少しだけ花が来ました
白花で少しピンクが入ります。なかなか可愛い♪香りもグ~です♪

20100530 (4)

↑棚の上の方で、ほとんど放置していた石斛にビッシリ花が!!
私が構わないほうが花が来るんかなぁ・・・と思うと複雑な心境に・・・凹
今まで過保護だったのは認めますが、ちょっとぐらいは構いたーい!!(笑)

山野草・盆栽 | Comments(2)
2010/05/28

千穐楽

夜の部を観てきました

連日の月末業務と前日甲子園だったせいもあり、かなり睡眠不足。。。
睡魔と闘いながらの観劇でしたが(>_<)
久しぶりに千穐楽の雰囲気を楽しめました

ちなみに千穐楽は「穐」の字ですが、「秋」という字をを使わない理由は、昔は火災で建物を消失することが多かったので「火」が入る「秋」の字を嫌ったためと聞いたことがあります。「穐」は「亀」の字が入るので縁起が良いそうです

20100528kabuki.jpg

先日訪れた時には気がつかなかったのですが、ロビーの片隅に
取り壊される歌舞伎座の名残を惜しんで、このようなハリボテの歌舞伎座が・・・
ただの宣伝のような気もしますが(笑)
歌舞伎・文楽 | Comments(0)
2010/05/28

西武2回戦(甲子園)

月の綺麗な夜でした(爆)

20100527.jpg



スコア 阪神1-6西武 負けました~ぁぁぁ!!stat136.gif


HANSHIN Tigers | Comments(0)
2010/05/22

寄せ植え・櫨(ハゼ)

20100522haza.jpg

母が昔、櫨にかぶれたことがあるらしくて、通り道に櫨を飾るのを嫌がるのですが
近頃は歳のせいか、かぶれにも鈍くなってきたようなので(悪っ・・・)
せっかく綺麗に緑が繁ってるし、私のお気に入りなので玄関に飾りました
こんな小さな木なら、かぶれたってたいしたことないでしょう!(無責任発言)

山野草・盆栽 | Comments(0)
2010/05/21

五月大歌舞伎

※間違いのあった箇所を訂正・追記しています(6月22日)


20100520dankiku.jpg

昨日、團菊祭昼の部に行ってきました
平日でしたが流石は團菊祭、見物の入りも上々で大向こうも常より多く、盛り上がった舞台となりました

浮世の憂さがパッと晴れるような楽しいひとときでした(^o^)

20100520dankiku (1)
 
客席一階(実際にはビル三階)入り口に飾られた五代目菊五郎さんと九代目團十郎さんの胸像です
黙阿弥作で有名な弁天娘(浜松屋)は、五代目菊五郎の出世作でした
幕末から明治に生きた五代目さんについて、私はあまり多くを知りませんで、どちらかといえば、現代の歌舞伎の直接的な規範となった六代目さんについてなら、いささか書物などで馴染みがあります

歌舞伎では、六代目さんといえば六世菊五郎のことで、九代目さんは九世團十郎を意味します。歌舞伎では「型」を大事にするのですが、現在の歌舞伎の規範となる多くの型を作られました。書物などによりますと、人気・実力・天才ぶりでそりゃあもう物凄いお二人だったそうですが、残念ながら当時の録画はなくて写真が残っているだけです。六代目さんの「鏡獅子」の映像は観たことがありますが、なにしろ古い映像でしたので、よく分かりませんでした(^-^;)

当代の菊五郎さん團十郎さんは、親の代でそれぞれの家へ養子となりましたので、六代目さん九代目さんと血が繋がっているわけではありません。(五代目は三代目の実孫、六代目は五代目の実子)
当代勘三郎さんが六代目さんの外孫で血縁ということぐらいしか知りませんが・・・。話によると六代目さんは声が悪かったらしいのですが、セリフ回しが最高に良かったそうです。そして舞踊の天才でもありました

三十年ぐらい前、「鏡獅子三代」という企画で、六代目さんと当代勘三郎さんの肉体を科学的に分析するというテレビ番組がありました。私の記憶なので曖昧ですが、膝の位置が高く膝から足首までが通常より長いという六代目さんの肉体的特徴を、当代勘三郎さんが多少受け継いでおられるようで近い部分があるそうです。舞踊向きの良い足ということですが、勘三郎さんの舞踊は惚れ惚れとするキレの良さで、姿は美しく江戸前のスッキリした色気があります。いったい六代目さんて、どんなんだったんかな~と思います(笑)

20100520dankiku (2)

今回私の座席は3階一列目で花道を真上から見下ろす位置でした。三等の安い席ですが、前に遮る物がないので快適に観劇できました。上等の一等席でも、前列が団体の舞妓はんだったりすると、大きな頭で舞台が全然観えない・・・ということもありますので、安くて快適な座席というのは嬉しいです
本当は中央より右側か右袖で観るのが好きですが、直前にチケットを入手しましたので選べませんでした

さて、お芝居の中身、筋や演技については、また後日にあらためてBBSのほうへ感想を書こうと思います。宜しければお付き合いください

昼の部の私のお目当ては二幕目「勧進帳」でした。闘病後初めて観る團十郎さん。今回、富樫=菊五郎さん、義経=藤十郎さんですから、当代考えられる中でも最高の配役です。私は13年前にこの配役で勧進帳を観ており、後にも先にもこれ以上の勧進帳はありませんでした。成田屋のお家芸ですから一番良いのは当然といえば当然ですが、なんといっても格が違います。それにこれだけの配役は、東京以外では大名跡の襲名か杮葺落しでもなければなかなか揃いません

弁慶というのは、立ち役なら一度はやってみたいお役なのかもしれませんが、実力がなければ滅多とできるものではありません。襲名興行だからということで一世一代の弁慶を数多く観ましたが、失礼ながらやらないほうがマシ・・・な、ニンもガラも無視した弁慶も多かったのです。どなたにもお馴染みのこのお芝居ですが、演者にはやはりとてつもなく難しいお芝居と思います

私は13年前の勧進帳をもう一度観たいと熱望しておりました
ですので・・・いやもうそれだけで幸せなうえに、体力気力充分な團十郎さん、期待通りの勧進帳となり大満足でした

役者たるもの360度どこから見ても隙があってはなりません。團十郎さんの弁慶は決めの美しさ緻密さ、ミリ単位でこの芝居が進んでいることを実感する感動。流石に宗家の勧進帳はやはり特別な感慨深いものでした
そして團十郎さんが元気になって復帰してくれたことがなによりも嬉しく、つくづくかけがえのない存在だなぁと思いました

平成元年に二世尾上松緑さん(現松緑さんの祖父)が没した時、私はもう歌舞伎は観ないかもしれないなどと、それほどショックだったのですが、今考えてみれば二世松緑さんを堪能し、六世歌右衛門さんの晩年にもなんとか間に合い、今は亡き名優さんたちの舞台を観られたのは、自分にとって貴重な財産であり幸せなことと思っています

20100520dankiku (4)

オマケは法善寺の水掛お不動さん。オマケにしてごめんなさーい!(^-^;)
歌舞伎・文楽 | Comments(2)
2010/05/09

ちょっと宣伝(笑)

今月は大阪で團菊祭です
東京の歌舞伎座が3年間の建替え工事に入ったお陰?で、かなり役者が揃ってますのでこれは必見です

shochikuza201005b.jpg

昼夜とも充実してますのでどちらもオススメですが、昼の「勧進帳」、夜の「京人形」「髪結新三」は特にオススメです

團十郎さんの勧進帳は何度観ても素晴らしい!!の一言
流石は本家本元、重量感も満足度も違います
これまで他の役者さんの勧進帳も数多く観てきましたが、團十郎さんと比べると色褪せてしまうというか・・・失礼ながら(^-^;)
今回の主要役者は当代考えられる最高の配役で、これは松竹座開場柿葺落としの時と同じ配役と記憶しています。富樫には菊五郎さん。私は菊五郎さん以上の富樫はいないと思っていますので、もう今からワクワクです♪

「京人形」は楽しくて面白い舞踊劇で、昔、京都で吉右衛門さんと藤十郎さん(雁治郎時代)で観たことがあります
吉右衛門さんは珍しいぐらい男らしい踊り方をする方で、藤十郎さんは言わずと知れた踊りの天才、息の合ったとても楽しい一幕だったと記憶しています
今回は三津五郎さんと菊之助さんのコンビです。三津五郎さんは坂東流の家元であり踊りの名人。京人形役の菊之助さんには、かなり高度で難しい舞踊になるかもしれませんが、これはこれで楽しみです(笑)

世話物代表格の「髪結新三」、鰹売りが登場したりして丁度今が季節のお芝居
舞台上では鰹の刺身は羊羹で代用するらしいのですが、甘い物が苦手な役者さんは辛いと聞いたことがあります(笑)
最近は勘三郎さんの新三を観ることが多かったのですが、なんといっても新三は菊五郎さんも得意とするところ。粋でどこか憎めない悪人役が今から楽しみです♪
歌舞伎・文楽 | Comments(6)
2010/05/09

新緑

ブログ更新をサボっている間に、すっかり新緑の季節となりました(^-^;)
庭がない我が家ですが、棚場は小さな緑でいっぱい♪

20100509.jpg

20100509 (1)

今年も石斛が咲きました

20100509 (4)

購入時は矢が3本ぐらいでしたから、それを思うと随分大きくなりました

20100509 (7)

高芽取りしてミニ鉢に植えつけたのにも小さな花が来ましたが、写真を撮りそびれてしまいました
高芽取りから花まで、やはり3年はかかるようですが、増やすには簡単で有効ですね

20100509 (2)

こちらはシソ科の立浪草
なかなか良い形に出来上がったでしょう(笑)

20100509 (3)

同じくシソ科の多年草で伊吹麝香草
とても良い香りがします
今の時期に挿し芽をすれば、100%つきますよ

20100509 (5)

こぼれ種でよく増えるカナダオダマキ
短命ですが、強くて繊細、とても好きな草です
山野草・盆栽 | Comments(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。